2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.10.16 (Sun)

有村かおり リサレクション

リサレクションリサレクション
(2005/12)
有村 かおり

商品詳細を見る


とうとう、出会ってしまったと思った。二人はゆっくりと恋の扉を押しあけ心の叫びを知った。元TBSキャスターが全てを注いだ、珠玉の恋愛小説。

きれいな描写の小説です。そこが有村かおりの良さであると思います。
でも、そういうきれいな描写では、この小説のテーマを書ききるのには不十分だったのかもしれないな。
そんな感想を持ちました。
この小説の物語が現実に展開されたら、もっとドロドロした場面が出てくるはずなのです。重くて辛い、人間同士のぶつかり合いがあるはずなのです。それがあまり伝わってこない。言い争いにしても何にしても、とても美しく、型にはまった感じでまとまってしまっているんですよね。
きれいなので読みやすくはあるのです。そして、丁寧にラストシーンで筆者の言いたいことも文章になって表現されている。そうだね、つまりは「リサレクション」、魂の再生について言いたかったんだね、と。
こういった書き方の小説だと、読み手が100人いたところで、100人全員が同じ感想に落ち着いてしまうと思うのです。

そもそも、淳二(主人公の夫)のキャラの書き方が悪すぎて、誰が読んでも、これじゃあ主人公とはうまくいかないよねー仕方ないよねという同情の念を抱いてしまうと思うのです。
ここではあえて、淳二をとても良い人物として書いてみるのもアリだったのではないかと思います。
「夫に対しては何も不満は無かったんだけれど、夫よりさらに居心地の良い居場所を見つけてしまい、どうしようか悩む」 くらいのストーリーのほうが、面白いものが書けたんじゃないかと思うのです。
読み手に選択肢を提供するのが小説の役割なんではないかと思うので。
ワハハ、えらそうなことを言っちゃってごめんなさい。いち読み手の勝手なワガママですー。

読み手の心にズコンと訴えたいのなら、もっとリアルな描写が必要だったように感じます。
でも、きれいにまとまっている小説は、それはそれでポジションを得た読み物になっているのかなあと。
ふわふわと、おとぎ話を読んでいるかのような感覚になるので、さらりと読むならよい小説です。
それが筆者の意図している読み方なのかどうかは、分かりませんが。

そして読み終わった後に感じたのは、結婚とは、他人や世間体のためにするんじゃないということ。
どれだけ外側(社会的立場、年収…等)の条件が揃ったパートナーと一緒にいたとしても、内側に共感できるものがなければ、一緒にいたって虚しいだけなんですね。
数々の不満を持っていたけれど目を伏せて生きてきた主人公が、それらを捨て去って新しい人生を選択するラストシーンは気持ちよかったです。まあ、もっとリアルに書けだの、意見要望を書きまくった後で言うのも何ですが。
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

09:36  |  あ行その他  |  コメント(0)

2011.04.05 (Tue)

甘糟りり子 中年前夜

中年前夜中年前夜
(2007/05)
甘糟 りり子

商品詳細を見る


私はいつまで女でいればいいのか?うまく枯れていくことができない中年モラトリアム世代の心情を綴った衝撃のアンチエイジング小説。(BOOKデータベースより)

夏目漱石「こころ」の後に読んだのですが、ものすごく対照的な二冊です。会席料理の後に、ファミレスで塩辛い料理を食べちゃったよーという感想です。酷評ですがごめんなさい。
「女性セブン」に連載されていたという小説です。
週刊誌の読者に対し、不倫、整形、老いへの不安、若い女への嫉妬、ホストなど…分かりやすすぎるほどの共感を狙った内容です。あまりにも陳腐な展開と内容で、本の厚さはあるけどペラペラな小説です。
おそらく筆者も書きたくて書いた内容ではないんじゃないかなあ。編集部からのリクエストだったのかしら。
ただぼーっと読んでいるだけで登場人物の心情がありありと分かってしまい、想像力の働く余地がありません。頭を使わなくても読めるので、がーっと一気読みができてしまう小説です。
冒頭に、福引の景品で当たった生花のバラが奇妙な枯れ方をしているという光景が出てくるのですが、「縮れたバラは自然に枯れていけない自分たちだった」とあります。もう、バラの配置がわざとらしすぎます。思わず苦笑してしまいます。
主要な登場人物として女性が三人出てきますが、その三人の境遇があまりにも違いすぎるのに、仲良くなって三人で温泉に行ったりしています。どんな三人か。登場人物を突然に紹介します。
真澄→専業主婦。一生懸命家事をしているが、旦那と娘から全く感謝されない不毛な毎日を送っている。世間慣れしていない、天然な部分あり。
蘭子→独身。出版社の契約社員。シモネタ関係の記事も任せとけ。ホストクラブに通う。女を捨てた豪快な性格。
夕子→バツイチ独身。美容整形外科の院長の愛人をやっている。マンションやコート、旅行代など全部愛人持ち。ちょっとだけウラヤマチイ。
こんな個性的な三人が仲良くなれるわけないでしょう。。そんな光景も小説=フィクションならではのものですね。絶対ありえないと思いながらも、一応楽しみながら読んでいました。

とりあえずラストまで読み進め、最後の最後でようやく「オッ」と思える展開がありました。
主要登場人物三人のうち、蘭子と夕子はまっとうな幸せに向けたハッピーエンドと言える生活を手に入れたのですが、真澄だけが、前進したようで空回りしたラストとなっています。考えさせられるラスト。
この小説を読んで、良かったと思える部分は、ここくらいのものです。

「女性にとって、いつからが中年ですか」と問いかけられたとき、一つの答えになりうるものとして、
「性を売る側から、買う側に転じたとき」というのが挙げられる。そう感じました。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

08:25  |  あ行その他  |  コメント(2)

2011.02.09 (Wed)

飛鳥井千砂 サムシングブルー

サムシングブルーサムシングブルー
(2009/06/26)
飛鳥井 千砂

商品詳細を見る


ありえない。恋人と別れた次の日に、昔の恋人と昔の親友の結婚式の招待状が届くなんて―。今の私に、この結婚は祝えない。小説すばる新人賞作家が丹念に描き出す、幸福を探し求める私たちの物語。 (BOOKデータベースより)

最近読んだ「小説の自由」に当てはめて考えると、「動きのない小説」という感想です。
だめなんですけどね。斜めから見てしまうというのは。
晴れた日の、穏やかな海の水平線というイメージがぴったりな小説です。
別の場所にてこの本の紹介を読んだときに「婚活世代に」というキャッチフレーズがあったのですが、もっと若い人向けな内容かと思います。

小説の中で、主人公は友人同士で待ち合わせしているレストランへ行きます。そこは、主人公が初めて行く店でした。
(引用)二人で案内板を見ながら、目的の店を探した。入り口では店員に田原則子の名を告げた。一番奥の窓際の席に案内された。
これだけの描写では、どんなレストランかも全くわからず、その分視点の移動も無く、小説の世界に入っていけません。普通は、初めて行くレストランであったら、到着したら店内を見渡して、店内のレイアウトや、店内にいるお客さんの様子などを観察するはずなのです。
いいように推測しすぎかもしれませんが、これは主人公の心理を表現していたのかもしれません。
…と言うのも、事の発端は、彼氏に振られた主人公の元に、学生時代の元彼と親友の結婚式の案内状がいきなり届いてしまったことにあったのです。あまり起こらない設定かとも思いますが、もしこれが現実として起こったことなら、怒りや虚無感や動揺などが混じったグダグダな精神状態になってしまうと思います。そんな状態のままレストランへ行っても、周りの状況に目を向けられる余裕なんかありません。
それを考え、あえて情景描写を省略したと言う考え方も、できなくない。
…うん、ジャイの考えすぎという気がします。さあ、感想を続けよう。

小説の途中で、舞台は過去に飛びます。主人公、元彼、親友などが過ごした高校時代。誰もが経験した青春の情景かと思います。
大好きだった元彼が親友と結婚するなんて、故意にされたわけではないにしろ、ひどい仕打ちだと思います。それなのに、ラストで主人公が前向きな気持ちになれたのも、おそらくこうやって積み重ねられた「良い思い出(恋愛含む)」があったからこそだと思うのです。

最後に、親友の町田沙希について思うことを述べます。
美人なのに派手でなく、心がキレイな女の子。それでいて芯が強い。現実世界には絶対居ないタイプの「いい女」です。
なのに、なのに、小説の最後に彼女は主人公へこんな内容の手紙を送るのです。
「結婚式、来てくれるということで、うれしいです。誰に来てもらいたいかを考えたときに、最初に頭に浮かんだのは、りかちゃんでした。当日会えるのを楽しみにしています」
この内容の手紙を読んだときに少し怖くなってしまいました。侘びや弁解の言葉は一切無いのは、どうなのか。あえて言わないという結論に達したのか??いや、その結論は、あかんだろう。
罪悪感を微塵も感じていないのだとすれば、それはそれで非常に問題あります。
高校時代から備えていた「したたかさ」で勝利を収めた彼女。読んだ後、ぞっとしたのは私だけだろうか。女って怖いです。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

10:23  |  あ行その他  |  コメント(4)

2010.12.14 (Tue)

赤塚祝子 神様のくれたもうひとつの命

神様のくれたもうひとつの命神様のくれたもうひとつの命
(2000/06/05)
赤塚 祝子

商品詳細を見る


腎臓移植をうけた岩崎さん、骨髄移植をうけた上ノ山さん、肝臓移植をうけた山田さん、また医者としての著者の歳月。医療スタッフと患者・家族の闘病を描くノンフィクション。(BOOKSより)

日本での脳死移植が認められる前のエピソードを綴ったノンフィクション小説です。

前半は、移植手術を受ける患者についての話が三編。
後半は、著者が医業に従事している際の変わったエピソードを綴ったコラム集になっています。
この、後半のコラム集が面白かったです。
本当にノンフィクションなのか!?と思えるほどの内容でした。

そこで、ジャイも開いた口がふさがらなかった、むごすぎるエピソードをご紹介します。
再生不良性貧血で入院した19歳の少年がいました。
抗生剤を毎日投与して、輸血も行い、四ヶ月の闘病を経て、彼は無菌病室から解放されました。
大部屋に移ってから、彼は外泊をしました。
父親にせがんで大好きな牛丼をテイクアウトしてもらい、それを食べて病院に戻ってきたのですが、
その夜に突然腹痛を訴えてショック状態に陥ってしまいました。
牛丼にそえられていた紅しょうがによって、白血球が少なくなっていた彼は、食中毒を起こしてしまったのです。
そのまま帰らぬ人になってしまったのでした。
医療費1000万円以上かけて頑張って治療したのに、450円の牛丼にあたって亡くなるなんて。
うむ、最後に大好きな牛丼が食べられたんだから彼は幸せだったんだよ、だなんて無責任ポジティブなことは、さすがに言えんなあ・・・

こういったエッセイを読むと、人の運命って不思議なものだなと感じます。
ドナーが見つかり移植手術を受けて生き長らえた幸運な人もいれば、牛丼にあたって死んでしまう少年がいるのです。

移植手術を受けられた方のエピソードを読んでいると、移植手術が患者の身体にとってどれだけ負担になるかが分かります。
3つの移植手術のエピソードに共通して、「家族の支え」があったからこそ乗り切れた、ということが言えると思います。
家族だって間接的に闘っているのです。

そしてまた、白血病を患って脊髄移植をした女性は、最初に病気が分かったのが31歳の時だったということです。
ジャイとほとんど変わらない年齢だ。
自分がもし、死を覚悟しなければならない病気にかかってしまったら…
なんとなく、そばにいた自分の娘をギュッと抱っこしてしまいました。
そうしたら、娘は私の髪の毛をギュウギュウ引っ張って楽しんでいます。
痛いっつーの!!!!

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

09:34  |  あ行その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2010.12.13 (Mon)

赤瀬川隼 漣の家

漣の家漣の家
(1999/07)
赤瀬川 隼

商品詳細を見る


人は皆、だれかとの関系の中で生きている。夫と妻、親と子、上司と部下―危うさをはらみながら、崩れそうで崩れない人間の絆。平穏であることは幸せなのか...。(BOOKSより)

どれだけうまくいっているように見える夫婦であっても、細かい波(漣)は存在するんだよ、と気付かされる小説でした。
浜崎あゆみの昔の歌に「仲良さそうな恋人たちだって、二人の間に何があるかは二人しか知らない」的な意味の歌詞がありましたが、それの夫婦バージョンかと思います。
でも、メインで登場する夫婦は二組あるのですが、何度も漣に襲われながら、最後まで行動を起こすということはありませんでした。まあ、波ではなく漣なので、夫婦の危機に通じるような問題ではなかった、ということなんでしょうけど。
次々と魅力的な異性が登場して、メイン夫婦を誘惑してくるのですが、結局は何も起こらずです。
漣だからしょうがないのですが、例えるなら渡辺淳一の小説のような「勢い、情熱」がありません。
平和に物語が終わっています。刺激がほしい人には物足りません。
(うにゃ!刺激がほしい人って、わたしだ!)

けれど、これはものすごく男性の心理を忠実に表現している小説かもしれない、という感想です。
既婚の男性が、超美人の部下を気立てが良いと愛しく思う。
超美人の部下も既婚男性のことは上司として慕っているが、それ以上には思っていません。
同僚以上、恋人未満という状態でしょうか。
そんな関係なのに、超美人の部下が結婚を決めたとき、既婚男性は落胆します。
自分のものであるはずが無いのに、部下を奪われたことへの悔しさを滲ませています。

自分は結婚しているのに、「それはそれ、これはこれ」なのです。
小説の中に面白い文章があったので、要約して載せてみます。

もし仮に、読心術か何かで他人の考えを知ることが出来れば、この世の中はどうなってしまうのでしょう。
心に潜在していることが表面に出てくれば、人間全体がそうなったならば、この社会は収拾の付かないものになるでしょう。

人間は、結婚してからも、心の中に様々なロマンを抱えながら生きていくのでしょう。
それが漣であるうちは特に問題ないかと思います。
大きな波になってしまったときは大変ですけどね。

あとは、物語とは関係ありませんが、フリーライターの仕事ぶりについて細かく書かれているのが面白かったです。自分もフリーライターとは何でも自由に書きたいことが書ける職業だと誤解していました。まずは雑誌編集部の載せたいテーマがあり、そこから相応しいフリーライターにお呼びがかかってようやく仕事にありつくのだということです。仕事を選ぶことも、売れっ子にならないと難しいのだとか。ジャイ、超基本的な知識を、今更知りました。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

09:30  |  あ行その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。