2017年03月 / 10月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.02.01 (Tue)

池上永一 トロイメライ

ようやく読めました。「テンペスト」とセットにして、おすすめ小説としておきます。

トロイメライトロイメライ
(2010/08/18)
池上 永一

商品詳細を見る


唄とグルメは那覇の華。武太を惑わす、6つの難事件。犯人は誰だ!?19世紀、幕末時代の琉球王朝。無職の三線弾きだった武太は、新米岡っ引きに任命された。意気揚々と正義に燃えるが、世の中うまくいかないことばかり。毎夜どこかで起こる事件と、一喜一憂する庶民の人情に触れながら、青年はひとつずつ大人への階段を上っていく―。 (BOOKデータベースより)

自分の「2010年読んだ本の感動ランキング」を作るとしたら、上位入賞確実なのが「テンペスト」です。
その「テンペスト」の著者が、テンペストの外伝的な位置付けで書いた作品が「トロイメライ」だと聞いていたのですが、外伝と言ってしまうのはもったいない、充実した内容の本でした。それでも、ぜひ「テンペスト」を読んでから「トロイメライ」を読んで欲しいです。
宣伝文句になっているのは「テンペスト」の登場人物が「トロイメライ」に再登場しているということですが、他にも読み比べをして欲しい理由があるのです。
「テンペスト」は、琉球の美少女・真鶴が、性を偽って宮仕えするという物語です(超大雑把な説明!)。つまりは官目線での物語。比して「トロイメライ」は、庶民目線での物語になります。同じ琉球を舞台にしていると思えない、正反対の世界が描かれています。当時の琉球王国の貧富の差、官と民の格差を感じ取れる小説です。なので、そういう意味でも、ぜひ読み比べを。

「トロイメライ」の世界は、愛らしい登場人物で溢れています。主人公の武太、お茶目な大貫長老、をなり宿の三姉妹、鍋・竃・甕。ウハハ、料理人修行中の姉妹だからって、ナベとカマドとカメって…
「焦げつかさないようにね」
「はいアンマー」(←アンマーとは母のこと)
「混ぜる速さは一定だよ」
「はいアンマー」
…このやり取りを聞くと、ジャイはサンダーバードの「はいパパ」を思い浮かべてしまう。
また、三姉妹の作る琉球料理がとても美味しそうなのです。ピーナッツから作られるジーマミー豆腐、自分はまだ食べたことありませんでしたが、一体どんな味なんだろう?
(引用)口腔に広がるピーナッツの香りに口が膨らんだ。続いて黒砂糖の風味がやってくる。最後に漂うのは古酒の重厚な香りだった。
他にも、サーターアンダギーやラフテーが出てきて、生唾ゴクリ。わ、わたし、すぐにでも沖縄行きたいです。。

と、ここまでは庶民の生活で「楽しい」一面を取り上げてみましたが、違う面からも覗いてみたいと思います。
当時の琉球王国の貧富の差は激しいもので、街には多くの失業者が溢れていました。貧しい家庭から子供を奉公にだす、所謂「身売り」が行われていました。その行く先は、一生結婚できない女官だったり、遊女だったり、海人だったりします。特にこの海人、過酷な「糸満売り」という制度について、私は小説を読むまで知りませんでした。全裸で集団生活を送り、素潜りで漁をさせられるのですが、魚が取れなかった場合は食事にほとんどありつけないと言うのです。当然、死んでしまう少年もいたそうです。親に売られて、望まない生活を強いられて、子供達はなんのために生きるのでしょう。
けれど、こんな現実の中、小説には黒マンサージと呼ばれる義賊だったり、富の再配分を目的に活動する遊女が出てきたりします。搾取するという行為だけ考えれば、彼らも悪ということになるのでしょうが、それなら糸満売りは果たして正義と言えるのでしょうか?

そんな琉球王国の過酷な現実ですが、それでも島民の心の根底には「島への愛」がありました。
ラストの章で、武太は美しい那覇の都を高台から見下ろして、涙を流すのです。
「ワン(自分)はあそこで生まれてよかったなあ…」
武太のセリフは、島民全員の気持ちを代弁しているかのようでした。
琉球って、いいね。ああ、やっぱり沖縄行きたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

09:15  |  池上永一  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。