2017年03月 / 10月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.03.22 (Tue)

川上未映子 乳と卵

乳と卵乳と卵
(2008/02/22)
川上 未映子

商品詳細を見る


姉とその娘が大阪からやってきた。三十九歳の姉は豊胸手術を目論んでいる。姪は言葉を発しない。そして三人の不可思議な夏の三日間が過ぎてゆく。第138回芥川賞受賞作。 (BOOKデータベースより)

読めました。そしてまた、楽しめました。自分の読解力が上昇したというより、「世界クッキー」を読んで何となく著者に親近感がわいたから読めたんだと思います。文法のイロハを脳みそから取っ払って読むのがいいでしょう。長文が読みづらいと感じるのは最初くらいで、あとはサクサクサク~と流れるようなリズムで楽しめるはず。地の文が大阪弁になっているのも面白いです。小説を読んでいる間、どっかに体ごと持っていかれる感じでした。最後まで読んだときには「ああ、もうちょっと読んでいたかったなあ」とまで思ってしまいました。

恐ろしい事件が起きるわけではなく、あくまでも「日常」の世界が書かれています。小説に直接関係あるのだろうかと疑問が生じるセンテンスもたくさんあります。緑子へ渡した花火代5000円、追加で5000円渡したから一体なんなんですか?読んでいて頭の中にハテナが芽生える瞬間がちらほら。もしかすると何かの伏線になっていたりするのかもしれなかったのですが、私には全く分かりませんでした。すみません。
でも想定するに「日常」を書くにはこういった無駄があってもいいのかなと思います。だって日常に起こりうること全てに意味があるわけではないですから。
例えば小説の中に、「殺人事件が起こった現場で刑事がブーンと鼻をかんだ」という描写があったとします。普通の小説では不必要な描写です。けれど実際には起こっているかもしれない光景なのです。それが日常を書くということなんだと思います。何にも繋がらないけれど、起こっていることを書くのです。関係ないことを書き、わざと小説を停滞させ、「日常」を強調しているんだと思われます。

小説の中に「世界クッキー」にも書かれていたロボコンの話が出てきました。デパートに大きいロボコンの遊戯があって、ロボコンの中から家族を見たら、こちらからは家族が見えるのに、家族の側からは黒い窓にしか見えないというエピソードです。序盤で出てくるあたり、お気に入りのエピソードなのかしらん。。もしかしたら、「乳と卵」には他にも川上さんの実体験が隠されているのかもしれません。巻子と行った銭湯のシーンは、おそらくそうでしょう。さすがに卵を頭にぶち当てたりしたことは無いでしょうけど。いや分からないか。

女という生き物をここまでリアルに表現できるのがすごいです。
タイトルにもある乳や卵子はそのまま「女性」を表現しています。そして主要な登場人物三人は皆女性です。小説のテーマに「女」が絡んでいることは間違いないでしょう。
女性に備わる、生命を誕生させる「卵子」という物体の神秘。私も若かりし頃、初潮を迎える時期に色々考えたことがありました。わかるわかる。。そして成人女性なら誰もが共感できる、いわゆるレディースデーの鬱陶しさ。洗濯物を増やしてしまうことだってあるでしょう(変な感想文になってきた…)そこのあたり、読んでいると面白くて面白くてしょうがない。たまらんです。
読み手が女性なら「わかる~」と共感できる小説でしょう。けれど逆に男性はどう感じるだろうか。
あまり男性にはおすすめしたくないし、おすすめできないかなあ。
銭湯で他の女性の乳や乳首を品評し「あれはピンク過ぎる」とか「アメリカンチェリーの色」とか感想を述べてる女性の姿は…エヘッ。
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

08:39  |  川上未映子  |  コメント(0)

2011.03.20 (Sun)

川上未映子 世界クッキー

世界クッキー世界クッキー
(2009/11/13)
川上 未映子

商品詳細を見る


体、言葉、季節、旅、本、日常など、あれこれ。「乳と卵」「ヘヴン」の川上未映子が放つ、魅惑のエッセイ集。 (BOOKデータベースより)

川上未映子の入門書として適した本かも、という感想です。
芥川賞受賞作家のエッセイ。非常に敷居の高いイメージがありましたが、面白かった。良い意味で芥川賞オーラを感じない書き方でした。新聞に投稿されたエッセイが多く、何となくどのエッセイも「公用語に翻訳されている」ようなイメージでした。
まあ、偉そうなことを言う私ですが、過去に「乳と卵」をちびっと読んだことしかありません。しかも当時は、独特の文章に混乱してしまったため途中棄権という結果だったぜチキショウ。今回「世界クッキー」を読んだことで、いい意味での足がかりができて、「乳と卵」に再挑戦しようかなという気持ちになれました。

何気ない日常を生きているこの瞬間に対し抽象的な疑問・不安を見出し、言葉というかたちあるものに変換して、的確に読者へ伝えることができる人なんだと思いました。いや、見出すというと能動的になってしまいますから、感じてしまうという表現のほうが適しているかもしれません。
けれどおそらく、人間はみな心の中でいろいろ考えながら日々を過ごしているんじゃないかと思います。おそらく、無意識に。深い深い水面下にあって感じ取れないだけです。川上さんはそれを拾い上げて文章に変換し、小説やエッセイにしている。
何気ない日常の感覚を文章に変換するというところが肝です。例えば、臨月の妊婦や受験を控えた高校生といった人間の心理は想像するのも簡単であり、たやすく文章化できてしまいます。川上さん自身も、「世界クッキー」の中でこう述べています。
(引用)人間の想像力と言うものについてぼんやりと思いを馳せると、~、もっとこう、普段に流れる日常にみっちりとはりついてあるものだなあ、ということに突き当たる。
川上さんの視点って、ものすごく斬新です。
あるのは普通の物体なのに、視点が違うんです。
銭湯に行って、若い体や老いた体を見て、それらも全て繋がっている自分の体だと認識したり。
喫茶店でお茶を飲みながら、ここにいる客全員が頭蓋骨を所有しているんだと気づいて動けなくなってみたり。
とにかくおもしろいんです。

川上未映子の文章は独特のリズムで読みづらいと思っていたけれど、それだって、主語があって述語があって…なんて定型化された文法と比較してのことです。それを無意識に求めている時点で「型にはまった読書」しかできていなかったんだなあと反省しました。定型化された文法では伝えきれない感情ってのもあるんだなと感じました。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

08:50  |  川上未映子  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。