2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.04.15 (Fri)

カズオ・イシグロ 日の名残り

日の名残り (ハヤカワepi文庫)日の名残り (ハヤカワepi文庫)
(2001/05)
カズオ イシグロ

商品詳細を見る


品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々―過ぎ去りし思い出は、輝きを増して胸のなかで生き続ける。失われつつある伝統的な英国を描いて世界中で大きな感動を呼んだ英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。 (BOOKデータベースより)

カズオ・イシグロの著書はどれも素晴らしいです。この「日の名残り」はカズオ・イシグロの代表作であり、図書館で借りて読んだのですが、これは自分で買っちゃうのもアリだなと思いました。本棚に置き、たまに読み返したくなる本なのです。こういう小説は案外少ないものではないでしょうか。

ストーリーは、上記BOOKデータベースをご参照ください。この中で、終始一貫するテーマとして「品格」が語られています。品格とは一体なんなのか。goo辞書には「その人やその物に感じられる気高さや上品さ」とあります。そして、小説の中ではこう説明されています。
(引用)品格の有無を決定するのは、自らの職業的あり方を貫き、それに堪える能力だと言えるのではないか。
…主人公のスティーブンスは、いかなる時であっても執事としての地位にふさわしい品格を保ち続けた男でした。父が危篤状態になっても、好意を寄せている女性が他の男との結婚を決めようとしているときも、執事としての仕事を優先させました。何があっても動じないのが一級の執事であるという信念を持っていました。何もそこまで、と心配になってしまうほどの徹底ぶりなのです。
ドライブの途中で、色々な回想シーンが登場します。多くのことを乗り越えてきたスティーブンスですが、ラストシーンでぽろりと人間らしい部分を垣間見せます。このシーンがいい。。人間らしいと言いましたが、もともとスティーブンスは人間ですね…別の言い方をすれば「弱い、迷い」だと思います。過去を振り返り、自分がやってきたことが良かったのかどうか。あの時こうしていれば、どうなっていたのか。人間なら誰でも一度は考えることでしょう。
静かな感動を呼び起こすシーンです。なぜか目が潤んでいる自分がいました。

また、人物だけでなく、イギリスの田園風景の描写も素晴らしいです。小説の言葉を使いますが「壮大な渓谷や大瀑布など息をのむような」華やかな風景があるわけではありません。スティーブンスは、イギリスの風景には派手な観光地が決して持ち得ない「品格」があるといいます。イギリスの国土は自分の美しさと偉大さをよく知っており、大声で叫んで主張する必要がないといいます。
小説を読んでいるだけで、脳内に広大な田園の美しい風景が広がり、なんだか旅に出たくなってきます。
ちなみに、旅に出たくなる小説といえば沢木耕太郎の「深夜特急」があるんですけど、こちらはドライヴ感、スピード感抜群の華やかな展開で、ぐいぐいと引っ張られていく感覚にさせられます。対して、「日の名残り」は静か。じわりじわりと旅したい欲求がわいてくるという感じです。どちらを読んでも旅に出たくなります。ああ、たまらん。

そして最後に、補足として、ちょっと毒を感じてしまったセリフがあったので載せておきます。
スティーブンスが過去に仕えていたダーリントン卿のお言葉です。
「時代遅れの制度に最後までしがみついている国、それがイギリスだ。だが遅かれ早かれ、事実には直面せねばならん。~。烏合の衆が話し合って何になる」
「われわれがすることといえば、討論し、口論し、時間を引き延ばすだけだ。あの委員会この委員会を通過しているうちに、全行程の半分もいかないうちにすっかり骨抜きにされてしまう」
うーん、文中の「イギリス」を「日本」に換えても、意味が通じてくるような… と思うのは私だけ?
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

08:37  |  カズオ・イシグロ  |  コメント(8)

2011.01.09 (Sun)

カズオ・イシグロ 夜想曲集

夜想曲集:音楽と夕暮れをめぐる五つの物語夜想曲集:音楽と夕暮れをめぐる五つの物語
(2009/06/10)
カズオ・イシグロ

商品詳細を見る


ベネチアのサンマルコ広場を舞台に、流しのギタリストとアメリカのベテラン大物シンガーの奇妙な邂逅を描いた「老歌手」。芽の出ない天才中年サックス奏者が、図らずも一流ホテルの秘密階でセレブリティと共に過ごした数夜の顛末をユーモラスに回想する「夜想曲」を含む、書き下ろしの連作五篇を収録。人生の黄昏を、愛の終わりを、若き日の野心を、才能の神秘を、叶えられなかった夢を描く、著者初の短篇集。(BOOKSより)

短編集でありますが、短編らしからぬ完成度です。それぞれの物語が細部まで作りこまれていて、ぐいっと引き込まれる。それぞれの短編が、普通の小説クラスの内容で構成されており、五冊の小説を読んだぞうという満腹感があります。
普段読む短編小説は一気に読めるのです。
けれど、カスオ・イシグロの短編集は、少し時間を空けないと次の短編が読めない。

長編小説作家の書く短編小説は「らしくない」と批評されることが多いですけど、カズオ・イシグロのは面白いです。まあ、長編小説と短編小説を同じ視点で比較する行為自体がナンセンスだと個人的には感じておりますが。

この本にある短編全てに「音楽」が絡んでいるため、一枚のレコードに入る五曲の演奏を聴いていく、という感覚です。そう、CDではなくレコードというイメージなんです。これがカズオの世界観なんだと思います。
新より古。動より静。朝日より夕日。明るさよりは哀しさ、無常さ。

世界のカズオ・イシグロですから、小説の舞台はベネチアだったり、モールバンヒルズというイギリスの田舎町だったりします。なので日本人に馴染めない世界観かといえば、そうではありません。ジャイはベネチアに行ったことがありませんが、それでも小説のベネチアの景色が何となく想像できてしまうのです。(まあ、それが現実のベネチアと一緒なのか異なるのかはそこまで重要なことではないと思います。)文章を読むだけでここまで情景を読者に伝えることができるのはすごいことです。
それに、重要なのは世界観ではなく、人間の織り成すドラマなのです。

五つの短編はどれもオススメです。
最初の短編「老歌手」でどっぷりカズオ・イシグロワールドに浸かったあと、二つ目の短編「降っても晴れても」を読んでフッと笑いが起こります。この短編は割とユーモラスな作品なのです。
二つ目、四つ目にコミカル気味な短編が入っています。シリアスとユーモラス、サンドイッチのような構成になっているのがニクイところです。
四つ目は「夜想曲集」。高級ホテルで、顔を包帯ぐるぐる巻きにした男女がドタバタを起こすストーリーです。
きっと「カズオ・イシグロらしくない」と感じるとすれば、このユーモラスな部分かと思うのですが・・・
これはこれでアリ!
更に、これを小説のタイトルに引用しているところから、あえて今回はいつもと違うカテゴリで挑戦してみますという決意も感じられるのです。
うん、いいじゃないか~。
面白かったですよ。短編小説もおすすめ。でも、次に出るのはいつなのか。気長に待つとします。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

09:34  |  カズオ・イシグロ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.23 (Tue)

カズオ・イシグロ わたしを離さないで

わたしを離さないでわたしを離さないで
(2006/04/22)
カズオ イシグロ

商品詳細を見る


優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設ヘールシャムの親友トミーやルースも提供者だった。キャシーは施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に力を入れた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちのぎこちない態度...。彼女の回想はヘールシャムの残酷な真実を明かしていく―全読書人の魂を揺さぶる、ブッカー賞作家の新たなる代表作。

小説のあとがきにこんな一文があります。
「この小説は、ごく控えめに言ってもものすごく変わった小説であり、予備知識は少なければ少ないほどよい作品なのである」
自分もその通りだと思ったので、ネタバレ一切無しで感想文を書きたいと思います。
ただしこの場合、うまく表現できない部分があり、小説の核心に迫る感想が書けず、ちょっと歯がゆかったりします。

小説は、主人公の子供時代の回想シーンから始まります。
へールシャムという場所で繰り広げられる、数々の思い出が、主人公の一人称で淡々と語られていきます。

回想だからということなのか、何となく風景描写も「ぼやけている」ように感じられます。
空想世界に迷い込んだような、現実ではないような(まあ、小説はもともとフィクションですけど。。)不思議な世界に引き込まれます。

そこに、何の説明も無く「介護人」「提供者」という単語が出てきます。単語についての説明は全くありません。
なんのこっちゃ??とりあえず読み進めていくと、少しずつ、まさかコレって…という予感がしてきます。そして、途中いきなり単語の核心に迫る記述が出てきます。
予想していなかったぶん、不意打ちを食らったようで、余計に心を揺さぶられるのです。
最初こそ謎だらけな状態ですが、物語の真実は徐々に明らかにされていきます。

主人公や周りの子供達は、大きすぎる宿命を背負って生きています。
子供達はその宿命を理解し、希望の無い人生を歩んでいきます。
そんな子供達が、いま存在する瞬間を全力で生き抜いて、何も欲張らずに人生を終えていく姿が、何とも言えない気持ちにさせるのです。
「きれいなオフィスで働きたい」「映画俳優になりたい」という夢を持っても、絶対に叶わない。
子供達は、誰かを幸せにするためだけに存在しているのです。
「道具」と言い換えてもいい存在です。
でも、彼らは生きている。ほとんどの機能が普通の人間と変わらない。それなのに普通の人生を送れない。

「かわいそう」でもなく「美しい」でもない。この小説に隠されているテーマはとても深いところにあります。

何が言いたいんだよ、という具体的な結論を求める人には向かない小説かもしれません。
ジャイは結構好きですね。
いい小説に出会えたなと思います。
真実を全て知った後、改めて最初から小説を読んでみると、また違った読み方ができますよ。

テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

09:30  |  カズオ・イシグロ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。