2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.05.19 (Thu)

小川洋子 妄想気分

妄想気分妄想気分
(2011/01/26)
小川 洋子

商品詳細を見る


日常の中にある異界への隙間……
すこしばかり耳を澄まし、目を凝らすと日常の中にある不思議世界への隙間が見えてくる。そこから異界を覗くとき、物語が生まれる。著者の学生時代から現在までのエッセイを収録。 (内容紹介より)

小川洋子さんのエッセイ集です。ファンタスティックなタイトルだけど、しごく全うな内容でした。小川洋子さんという人は、かたちが無いものを大事にし、一日一日を丁寧に生きているんだなと感じました。
この本は、エッセイではあるけれど、「美しい生き方」「シンプルライフ」系の自己啓発本にもなりうる本だと思います。
作家とは小説を書く職業ですが、エッセイも面白いです。小説、エッセイを両方味わうことでシナジー効果が生まれ、その作家の人となりを味わい尽くすことができるようになると思います。

本を読むことは、登場人物の人生を疑似体験することです。
「妄想気分」を読んで、小川洋子さんになりきってみよう。さあ、何から始めようか。
小川さんが大学生時代によく作ったという、ライスコロッケを作ってみようか。
残りご飯にミックスベジタブルを混ぜ、塩コショウし、チーズを中に入れて俵型に握り、コロッケのように揚げるというとっても経済的なメニューです。3個食べると胸焼けするというからご注意を。
当時、小川さんは戸建ての寮で、他四名の女子大生と共同生活を送っていたそうです。海外旅行やブランド品には興味が無かったとか。思わずうなってしまいます。花の女子大生(死語?)に似合わない質素な生活を送られていたようです。
自分自身のことを考えると、現在でこそシンプルライフ志向で、スナフキンのごとく荷物を増やすのが苦痛になる性格でありますが、それは20代の頃に贅沢のきわみを尽くしたからこそ辿り着いた境地であり(何だか偉そうな表現を使ってしまった)、初めから質素な生活LOVEという考え方は持てませんでした。

エッセイを読み、更に過去へとさかのぼってみます。
小川さんは、小・中・高と学生時代を総括し、どんな「女子グループ」にも属さなかったといいます。
女子グループを客観的に見つめる小川さんの姿がとても面白いのです。グループに加入するための審査はどのように行われるのか、リーダーにはどう接すればいいのか、謎だらけだったといいます。

女子グループというコミュニティについては、大きく分けて
①友達を作るために積極的にグループへ入ろうとする
②女子グループなんて面倒くさいと思っているけれど、入らないのも何かと問題が生じるためしぶしぶ入っておく
③必要性を感じず自分から溶け込もうとしない
という3つの行動パターンがあるかと思います。

①が最大勢力であり、②がちらほら隠れている感じでしょうか。自分自身は②のタイプです。
③はかなり珍しいタイプだと思いますが、小川さんはこちらに属する方だったようです。かっこいいと思ってしまいました。エッセイでは、修学旅行の部屋割りで自分の名前が抜けていたという切ないエピソードも披露してくれています。

質素な生活を送っていることに加え、周りに流されない性格、確固たる自分をお持ちの方です。こういう人、好き。このエッセイを読んで、小川洋子さんのファンになってしまいました。
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

08:01  |  小川洋子  |  コメント(8)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。