2010年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.10.31 (Sun)

柴崎友香  寝ても覚めても

寝ても覚めても寝ても覚めても
(2010/09/17)
柴崎 友香

商品詳細を見る


人は、人のどこに恋をするんだろう?消えた恋人・麦を忘れられない朝子。ある日、麦に顔がそっくりな人が現れて、彼女は恋に落ちるが…朝子22歳から31歳までの“10年の恋”を描く各紙誌絶賛の話題作。(BOOKデータベースより)

各紙絶賛の話題作、そして柴崎友香の最高傑作というフレーズに惹かれ、読んでみました。
はい。ワタシ、ミーハーです。

んで感想ですが、この小説については・・・
読む人によってパックリ分かれると思います。賛否両論ある小説だと思います。

まず「ん?」と感じたのは、物語の本筋に関係ない風景や人物の描写がとても多いことです。
「この文章は、関係ないように見せかけて、物語のヒントが隠されているはずだ。ようししっかり覚えておこう(←いやいや、推理小説じゃないんだから~)」と最初こそ思いましたが、あとからあとから同じような文章がたくさん出てきます。
たぶん、関係ない文章を抜いたら、この本の厚さは4分の3くらいになると思います。

物語は淡々と進みます。
10年という長い年月を綴った小説ですが、いろいろな出来事が起きているのに、あまり波風が立っていない風に感じられます。
物語の後半でストーリーは大きな転換点を迎えます。
面白くなってくるんですが、なぜかその部分も派手に盛り上がりません。
きっとこれは、前述した「関係ない描写」が大きな効果をあげてるんじゃないかと思います。

こんな感想だと「微妙な小説」で終わってしまいそうですが・・・
なぜか、この小説は、読んでいる自分を本へ引き込む力が強いんです。
本当に物語の主人公になって、物語を進めているような感覚に陥ります。
いい言葉が見つからないけど、トリップしてるような感じです。
小説の語り口が、主人公の一人称になってるというのも理由かなあー。
賛否両論ある小説とは思いますが、読み手を引き込む魅力を持っているという点では、チカラのある小説ということになるんではないでしょうか。

読んでみた、他の方の意見も聞いてみたい小説です。

今回は「おすすめだよ」という視点ではなく、なかなかまあ興味深い小説ということで、難しいけど感想をかいてみることにしたのでした。
おわり。
スポンサーサイト

テーマ : こんな本を読んだ - ジャンル : 本・雑誌

17:40  |  柴崎友香  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.10.29 (Fri)

北欧インテリア、シュールな雑貨。

今日は、読書感想文とは全然関係ない、ジャイの日常ネタです。えへっ。

ジャイは北欧のインテリアが大好きです。

部屋にも、なんちゃって北欧テイストをいろいろ取り入れてます。

こんな感じのパネルとか。

北欧パネル


そして、最近とても気になってるのが、リサ・ラーソンという陶芸家の作った、こんな雑貨です。

北欧のネコキーホルダー


シュールだろう。かわいいだろう。

キーホルダーだけでなく置物もあるぞ!!

いつか買い占めて動物園を作るのが夢じゃ

(↓どんなのが他にあるかの参考)

ディエチ ネコ グレイ Lisa Larsonディエチ ネコ グレイ Lisa Larson
()
LISA LARSON

商品詳細を見る
17:11  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.10.28 (Thu)

ピーター・F・ドラッカー ドラッカーの遺言




情報化が進展する新時代の世界経済のもとで、最も苦労する国は日本である―。20世紀の経営思想界をリードした“知の巨人”は、こう遺して世を去った。だが―、苦境の陰に好機あり。ドラッカーの眼は、21世紀の日本が世界のメインパワーであり続けるための条件をはっきりと見据えていた。日本が担うべき役割、日本の目の前に広がるチャンス、そして日本人が達成すべき「個人のイノベーション」とは何か―。(「BOOK」データベースより)

某ベストセラー小説から知名度が急上昇した、経営学者ドラッカーさん。

(この某ベストセラーも、こちらで感想文書いています)

ドラッカーの著書は「マネジメント」のほかにもたくさんありますが、この本は、ドラッカー入門にふさわしい一冊なのではないかと思います。

まず、論点がセンテンスになっていて、とても分かりやすい。
そして、文字がでかい。
他の著書で書かれていることも載っているので、ドラッカーの思考について知りたいなら、とりあえずこれ読んどけ!的な内容となっています。
この本は日本の出版社とのインタビューによって生まれたものなので、日本の経済についての記述がたくさんあるんですけど、内容はとても前向き。4年前の本だけど、今読んでも通じる内容です。
日本もまだ前に進んでいける国なんだ、と励まされます。
ただしそのためには、「時代が変わった」ということを日本人ひとりひとりが認識することが必要。
かつての日本経済を支えた体制が、現代ではすでに足かせとなっているのです。
ドラッカーはそのことを見抜き指摘し、そのうえで、これから日本はどうしたらいいかということまでアドバイスしてくれています。
日本という国を俯瞰的に語ることが出来るのは、ドラッカーが外国人だからという単純な理由ではなく、現実の世界経済についての現状を見て、これからどうなればいいかというドラッカー自身の理想があり、それに向けて何が必要かというのをしっかり認知しているからだと思います。

日本が生き残るために必要なのは「個人のイノベーション」です。
改革を起こすのは一握りの科学者がすることだ、と考えていてはいけません。
ジャイみたいな一般人も、これからはスキルを身につけていく時代です。

自己啓発ネタもたくさん書かれているので、仕事でくじけたときに開いてみると、勇気をもらえるかもしれない一冊です。

と、ブログ投稿してみましたが、うまくいったかなー。
画像ちゃんと載ってるかしらー。
こわいぞー。
弱気なジャイであった。

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル : 本・雑誌

13:58  |  外国作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。