FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.02.22 (Tue)

安達千夏 ちりかんすずらん

ちりかんすずらんちりかんすずらん
(2009/08/29)
安達 千夏

商品詳細を見る


板前だった父は錦糸町のパブで出会ったコロンビア人女性と出奔、彼女の子どもが待つ本国へと旅立った。そして母と祖母、私の三人がひとつ屋根の下に残された。祖母は血は繋がっていなくても、これからもこの家で女三人で暮していこうと提案した。それから七年。旅に観劇にと趣味に忙しい悠々自適の祖母、フットマッサージ店のやり手経営者となった母、そして商社をやめ児童館の指導員として毎日を送る私。私には、IT系広告会社の社長ユウジというフィアンセがいる。安達千夏が描く、女三人家族の日常。(BOOKデータベースより)

ええのう、ええのう。ドラゴン○ールの亀○人みたいな感想です。
…これでは全く理解不能ですね。
女三人家族の日常とは、いかにも女性作家が好みそうな題材。ありがちで平凡なストーリーを想像していました。この手の小説は家族の温かさをテーマに描くため、総じて「ほっこりした、家族っていいなと思った、料理がおいしそうだった(なぜか多い)」という感想を持ってオシマイということが多いです。
安達作品、「モルヒネ」から読んだのは間違いだったかな…と思っていたのですが、読み始めてみると、なかなかどうして面白いのです。
「家族っていいなと思った」というお決まりの感想も持ちましたが、それに加えて「読み物としても楽しめた」という感想です。

登場人物が、いそうでいないキャラクターであるから面白いんだと思います。
大体の読者は、主人公の祖母に対して好感を持つこと必至でしょう。
老いを感じさせない探究心、好奇心のカタマリという印象です。よく言われている「老いは作られる」という言葉は正解だなあと再確認。また、料理もお上手であり、ナンプラーを使ったエスニック風味のにゅうめんを作ってしまうといいます。昔から、おばあちゃんの得意料理といえば「煮物」「きんぴら」と相場が決まっているではないですか。定着されていた「おばあちゃん」のイメージを見事に裏切る作品です。
この祖母、新しく携帯電話を購入するときも、ボタンが大きいものではない普通の携帯電話を購入しています。そして孫からレクチャーを受け、メール入力の練習をしています。若いおばあちゃんですよね。
でもまあ考えてみると、人間は必ず年を取るものだから、携帯を自在に操る今の若者だっていつかは老人になり、彼らは老人になっても携帯電話を使うはずです。そこで「携帯を使いこなせるなんて、すごいおじいちゃんですねー」なんていう言葉をかけるのは、お門違いなんです。自分たちが持つ「老人」のイメージは、この先どんどん崩れていくことだろう。
…話が脱線しました。感想に戻ります。

キャラクターでもう一人、好感の持てる人物がいました。主人公の婚約者、ユウジです。
IT広告会社を立ち上げ、超多忙な生活を送りながらも、婚約者や友人を大事にします。仕事で忙しい男は、プライベートな時間は自己中心的になりがちです。それなのに、少しの暇を見つけて主人公とデートし、その時間も楽しむユウジ。人間的なキャパシティが大きくないと、こんな振る舞いはできないはずです。
こんな優良物件には滅多にお目にかかれません。恋人と協力し楽しくシチューを作ったり、祖母に料理を教えてもらうという男がどこにいますか。こういう男と結婚できたら、女はきっと幸せになれます。
唯一心配になるとすれば、起業した会社の行く先です。小説によると、ようやく純利益が出始めたとありますので、とりあえず今は安心。この先どうなるか分かりませんけど。
金の切れ目は縁の切れ目と言いますから、ユウジにはがんばってもらいたいですねーー!!

こんな感じで、魅力的な登場人物がストーリーに華を添えています。
「モルヒネ」を書いた作家と同一人物に思えない。安達千夏さん、どんな作風もいける方なんですね。
ええのう、ええのう。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

09:21  |  安達千夏  |  コメント(2)

Comment

優良物件!思わず吹き出しましたよプププ

お父さんが抜けても成立する!?むしろいないほうが!?!?
「私」も大人になっているようだし、「家」というより個人プラス個人プラス個人のような関係のほうが有意義かもしれないなぁ~
読書系女子 |  2011.02.22(火) 14:16 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

読書系女子さん

コメントありがとうございます。
そうでした。説明抜けていましたけど、主人公の両親は離婚していて、お父さんは外国に住んでます。
しかも、祖母というのは父方の祖母なので、母と祖母は本当に赤の他人という関係なんです。
常識が通用しない世界です。こんな構図が成立するのも小説ならでは、ですね。

優良物件は、競争率が高くてすぐ売れるから困ってしまいます。水嶋ヒロもあっさり売れちゃったし…
ジャイ |  2011.02.22(火) 15:37 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。