FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.02.26 (Sat)

阿刀田高 花あらし

花あらし花あらし
(2001/02)
阿刀田 高

商品詳細を見る


「一度会いに来るよ」―愛しい夫の言葉を頼りに、夫の故郷を訪ねた妻が満開の桜の中に見たものは…。美しく妖しい味わいの表題作ほか、白い蜘蛛とも、白い蟹とも、白い手首とも見えるものが、月光の下を這いまわる不気味な感触の「白い蟹」など、新鮮なアイデアと巧妙な仕掛けが生きる12編。きっと泣ける純愛ホラー。達人アトーダの名人芸をたっぷりお楽しみください。 (BOOKデータベースより)

ほとんどのショートショートに、「夢」が出てきます。夢か現実かの境目が曖昧な、阿刀田不思議ワールドに誘われました。
そして阿刀田先生はギリシャ神話がお好きなようです。ギリシャ神話のエピソードを盛り込んだり、「ハムレット」が出てきたり(一応補足しますがシェイクスピアの「ハムレット」にはギリシャ神話の「エディプス・コンプレックス」を象徴するシーンが出てくるのです)。私もギリシャ神話は結構好きです。でも、そこまで詳しくないので、ギリシャ神話を肴にして酒が飲めるかと言われればNOですけど。

面白かったショートショートを挙げると、まずは「選抜テスト」。
人生の分岐点において、主人公が夢の中で「試験」を受けるのですが、その問題がとても難解なのです。そして試験を受けた主人公に、試験官が言ったコトバとは…
ストーリーを読むだけでも楽しめますが、そのなかには人生の教訓も織り交ぜられています。

そして「すきま風」。
ある主婦が、子育てが一段落したのをきっかけに再び仕事を始めたのですが、それから深夜にいたずら電話がかかってくるようになりました…
女性の嫉妬は怖いものだという、かなりブラック度の高いストーリーです。

タイトルにもなっている「花あらし」。
亡くなった夫が、生前に妻へ「死んだら会いに来る」と約束するという、結構いろんなところで多用されているストーリーです。それなのに、やっぱり読むと感動します。単純だ。

そして個人的に一番気になったのが「鰐皮とサングラス」という作品でした。
この物語には、永井という男性と、その妻が出てきます。
で、旅先にサングラスをかけた妙な男がいて、その男は結果的に殺されるわけです。
で、その永井さんについての呼び方が「永井氏」と「夫」の二種類があるわけです。三人称で語られている小説なのにどうして?使い分けている意味があるんだろうか。も、もしかすると、あの男を殺した犯人ってまさか… なんて勘ぐってしまい3回くらいショートショートを読んでしまいました。真相は不明でしたが、まあこんな読み方もできたという参考のために、ブログに書き残しておこうと思います。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

09:00  |  阿刀田高  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。