FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.03.10 (Thu)

瀬戸賢一 日本語のレトリック

日本語のレトリック―文章表現の技法 (岩波ジュニア新書)日本語のレトリック―文章表現の技法 (岩波ジュニア新書)
(2002/12/20)
瀬戸 賢一

商品詳細を見る


「人生は旅だ」「筆をとる」「負けるが勝ち」「一日千秋の思い」…。ちょっとした言い回しやたくみな文章表現で、読む者に強い印象を与えるレトリック。そのなかから隠喩や換喩、パロディーなど30を取り上げる。清少納言、夏目漱石から井上ひさし、宮部みゆきまで、さまざまな小説や随筆、詩を味わいながら、日本語の豊かな文章表現を学ぶ。 (BOOKデータベースより)

以前読んだ本に「レトリック」のことが書かれていて、個人的に興味を持ったので、この本を読んでみました。
そもそもレトリックとは何ぞや?はてなキーワードによると、
『修辞法。修辞学。局所的な話題の流れの組み立て手法。個々の表現よりはマクロ的で、議論全体の枠組みよりはミクロ的。また、単に言い回しといった程度の意味にも用いられる』
…とあります。分かる的な、分からない的な。まあ、一言で説明するのはちょっと難しい言葉だと思います。

もしもレトリックの表現を用いなかった場合、日常会話や書籍の類は、途端に味気ないものになってしまうでしょう。飾りや彩りという意味で使われる、自分はそう解釈していました。けれどそれ以外にも、レトリックに秘められた「役割」があったのです。
まずは「適切な表現を可能にする」ということ。
「疲れた」という感情を相手に伝えたいときに、ただ「疲れた」と言うのと、「目眩がするほど疲れた」というのでは疲れの度合いが全く違うふうに感じられると思います。「疲れた」だけでは伝わりきらない意味を、レトリックを使うことで適切に相手へ説明することができるのです。ただし、的確なレトリックを用いなければいけませんが。
そう書いてしまうと難しく構えてしまうかもしれませんが、レトリックの中には日常的に使われているものもたくさんあるのです。「大きな声」、「黄色い声」なんかもレトリックです。五感を結びつける「共感覚法」とご丁寧な名前が付いています。音には形や色があるわけではないのだから、聴覚と視覚が結びついているということですね。
そもそもですが、五感は各個が独立しているわけではありません。根っこにつながるところは一緒です。何かを食べるときだって、味覚だけが働いているわけではなく、食べ物を見る視覚、匂いを感じる嗅覚、歯ごたえなどの触覚、食べる音の聴覚… 五感全てが連動しているのです。

また、なるほどなと感じたのが「撞着法」というレトリックです。
「生と死」、「愛と憎しみ」というような正反対のコトバ同士を結びつけるレトリックなのですが、意味を矛盾させないところがミソです。「最も落ち着いた驚き」という文章だって、用いられている場所次第では的確な意味を持つのです。不思議だと思うでしょうか。けれど、この本の中で著者はこう言っています。
(引用)このような表現や思いが成り立つのは、私たちが決して論理にのみ従って生きる存在ではないからでしょう。愛情が高じて憎しみに反転することがあります。一つの言葉や一つの意味や一つの思いは、決して単色ではなく、その反対の色、つまり補色を下地にしているのかもしれません。
…対義語だと思う言葉が実は切り離せない存在だということ。自分もそうだろうなと解釈してはいましたが、美しい説明をされていたので、ここで紹介させていただきました。

まあ、生活の中で意識して「レトリック」を用いることは無いと思うけど、こんな定義があるんだよということで、雑学として勉強になった気がします。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

08:52  |  小説以外(実用)  |  コメント(2)

Comment

う~む。
とても興味深く読ませていただきました。
『最も落ち着いた驚き』
あはは。
確かに何かおかしいんだけど、
分かるような気がする表現ですね。
よく使われる『黄色い声』なんていうのも、
『真っ黒い声』とか『白い声』なんて表現にしても、
新しくていいかもしれませんね。
うん。今度使わせてもらいます(笑)
空花 |  2011.03.14(月) 00:31 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

空花さん

コメントありがとうございます。
「最も落ち着いた驚き」は、夏目漱石の「こころ」で使われている表現なのです。
この言葉をググると、どんな場所でこれが使われているかが、分かりますよ。。
言葉は、数が限られている有限なものだから、それを使ってかたちの無い感情や気持ちを表現したいときに、イマイチしっくりこないことがあると思います。
そんな時にレトリックが活躍するのですが、例文などで使われているのを見ると「おおお、なるほど」と思うんですけど、自分じゃなかなか思いつかないんですよね…
ジャイ |  2011.03.14(月) 12:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。