FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.03.14 (Mon)

芦原すなお カワセミの森で

カワセミの森で (ミステリーYA!)カワセミの森で (ミステリーYA!)
(2007/05)
芦原 すなお

商品詳細を見る


わたしこと、桑山ミラは、陸上競技にマジメに打ち込む文学少女。もっとも、ある人の言葉を借りれば、「不幸そうで、お金持ちじゃなさそうな家庭に育ってそうで、植木屋の親方みたいに髪を刈って、胸の大きくなさそうな女の子」らしいけど。しっかし、これって、ずいぶん失礼じゃないかい?それはさておき、これは私が16歳の時に巻き込まれた恐ろしい事件の物語。それはカワセミの森で、親友をめぐって起きた、忌まわしい連続殺人事件だった…。斬新なのに懐かしい青春小説の紡ぎ手・芦原すなおがユーモラスな語り口で贈る極上のホラー・ミステリー。(BOOKデータベースより)

芦原すなお小説の大ファンになってしまい、わくわくしながら四冊目に挑戦してみました。

感想。とてもガッカリでした。ちょっと酷評ですが大ファンだからこそです。許してください(誰に言ってる?)
この小説をお書きになったときの芦原さんの年齢が57歳。若い女子高生たちの姿を書くのは非常に難しいことだと思いますし、芦原さんの文体が持つ暖かい雰囲気は、ミステリーには不向きだと思います。何となく喜劇チックな雰囲気で展開されていく、リアリティの無いおとぎ話という印象でした。
無理して不得意分野で頑張らなくても…という印象です。
SMAPの中居ちゃんがソロ歌手デビューするようなものです。

まず、主人公の女子高生ミラに全く共感ができません。全く色気の無い外見、オヤジくさい喋り方、そして彼女が例えに取り出す話が渋すぎます。「坊ちゃん」の清みたいはまだ許せるが、「芋粥」の武士みたい、「金色夜叉」みたい…という例えが通じる中高生の読者がどこにいる?いたとしても少数派でしょう。こういうのが出てくるから、前述したように、若い女子高生をリアルに書けてないなとの結論に至るわけです。

そして、ミラの心の声を表す(カッコ)が多用されすぎで読みづらい。これはレトリックの「挿入法」というテクニックで、本文の流れに対する批判的な視点を表現するのに用いられるものです。…と、最近読んだ「日本語のレトリック」という本に書いてありました。繰り返しますが、読みづらい。「日本語の~」に、「やりすぎはダメ」と書かれている意味が分かりました。

あと、ミステリー小説には、とりあえず序盤で誰か死ぬという「ルール」があるものだと思っていました(ワシの勝手な思い込みかも!?)。この「カワセミ~」は、殺人が起こるのが小説の終盤という、ルールを無視したアウトローな展開となっています。そして、一人目が死んだ後、ドミノ倒しのように次々と殺人が起きていきます。これもまた珍しいパターンです。
じゃあ終盤までは何が書かれているのかと言うと、主人公ミラと親友のサギリが織り成す日常と、殺人事件への伏線です。本当に長ーい長ーい伏線です。読んでいて、面白くなくは無かったです。でも、刺激を求めてミステリを読む人にはお勧めできません。変な話ですけど、ミステリーの序盤で起こる殺人は、小説のテンポを決定付ける重要な要素を含んでもいると思います。それがなくなると、やっぱり間延びした小説になってしまうんだなあ。

最後に、微妙にどうでもいいことですが一つだけ。中高生向けの小説なのであれば、誤解するような表現を使わないほうがいいかと思います。「あいまいもこもこ」という単語が出てきます。当然、曖昧模糊(あいまいもこ)のパロディなんですけど、本当にあいまいもこもこという単語があるもんだと誤解してしまう若い読者が、中にはいるかもしれません。
「土砂降りの雨は高速を降りる頃には砂降り(しゃぶり)くらいになり」という一文を読んだとき、本当にしゃぶりという単語があるのか、わたくし辞書を引いてしまいました。載ってない!!当たり前ですけど。。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

08:35  |  芦原すなお  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。