FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.04.15 (Fri)

カズオ・イシグロ 日の名残り

日の名残り (ハヤカワepi文庫)日の名残り (ハヤカワepi文庫)
(2001/05)
カズオ イシグロ

商品詳細を見る


品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々―過ぎ去りし思い出は、輝きを増して胸のなかで生き続ける。失われつつある伝統的な英国を描いて世界中で大きな感動を呼んだ英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。 (BOOKデータベースより)

カズオ・イシグロの著書はどれも素晴らしいです。この「日の名残り」はカズオ・イシグロの代表作であり、図書館で借りて読んだのですが、これは自分で買っちゃうのもアリだなと思いました。本棚に置き、たまに読み返したくなる本なのです。こういう小説は案外少ないものではないでしょうか。

ストーリーは、上記BOOKデータベースをご参照ください。この中で、終始一貫するテーマとして「品格」が語られています。品格とは一体なんなのか。goo辞書には「その人やその物に感じられる気高さや上品さ」とあります。そして、小説の中ではこう説明されています。
(引用)品格の有無を決定するのは、自らの職業的あり方を貫き、それに堪える能力だと言えるのではないか。
…主人公のスティーブンスは、いかなる時であっても執事としての地位にふさわしい品格を保ち続けた男でした。父が危篤状態になっても、好意を寄せている女性が他の男との結婚を決めようとしているときも、執事としての仕事を優先させました。何があっても動じないのが一級の執事であるという信念を持っていました。何もそこまで、と心配になってしまうほどの徹底ぶりなのです。
ドライブの途中で、色々な回想シーンが登場します。多くのことを乗り越えてきたスティーブンスですが、ラストシーンでぽろりと人間らしい部分を垣間見せます。このシーンがいい。。人間らしいと言いましたが、もともとスティーブンスは人間ですね…別の言い方をすれば「弱い、迷い」だと思います。過去を振り返り、自分がやってきたことが良かったのかどうか。あの時こうしていれば、どうなっていたのか。人間なら誰でも一度は考えることでしょう。
静かな感動を呼び起こすシーンです。なぜか目が潤んでいる自分がいました。

また、人物だけでなく、イギリスの田園風景の描写も素晴らしいです。小説の言葉を使いますが「壮大な渓谷や大瀑布など息をのむような」華やかな風景があるわけではありません。スティーブンスは、イギリスの風景には派手な観光地が決して持ち得ない「品格」があるといいます。イギリスの国土は自分の美しさと偉大さをよく知っており、大声で叫んで主張する必要がないといいます。
小説を読んでいるだけで、脳内に広大な田園の美しい風景が広がり、なんだか旅に出たくなってきます。
ちなみに、旅に出たくなる小説といえば沢木耕太郎の「深夜特急」があるんですけど、こちらはドライヴ感、スピード感抜群の華やかな展開で、ぐいぐいと引っ張られていく感覚にさせられます。対して、「日の名残り」は静か。じわりじわりと旅したい欲求がわいてくるという感じです。どちらを読んでも旅に出たくなります。ああ、たまらん。

そして最後に、補足として、ちょっと毒を感じてしまったセリフがあったので載せておきます。
スティーブンスが過去に仕えていたダーリントン卿のお言葉です。
「時代遅れの制度に最後までしがみついている国、それがイギリスだ。だが遅かれ早かれ、事実には直面せねばならん。~。烏合の衆が話し合って何になる」
「われわれがすることといえば、討論し、口論し、時間を引き延ばすだけだ。あの委員会この委員会を通過しているうちに、全行程の半分もいかないうちにすっかり骨抜きにされてしまう」
うーん、文中の「イギリス」を「日本」に換えても、意味が通じてくるような… と思うのは私だけ?

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

08:37  |  カズオ・イシグロ  |  コメント(8)

Comment

これ、映画でしか見ていないんですが、映画が、もうたまらんのです!ご覧になりました? 監督(ジェームズ・アイヴォリー)がいいですし、役者(アンソニー・ホプキンス、エマ・トンプソン、etc.)もいいですし。
原作なら、さらにたまらないでしょうね!

The Remains of the Dayってダブル・ミーニングですよね?この和訳の題のようにも取れますし、「時代の遺物」とも取れますし。

原書をさくっと読めればいいですが、私には無理だと思いますので、この和訳版を読んでみたいです。
確か私が大学に在学中に、ブッカー賞を取ったと話題になったよう記憶します。大学の英文学の先生が、本人は日本語は読めないけど、叔父(ないしは伯父)さんが、いい訳だと言っていたなんておっしゃっていたことを思い出しました。
キヨハラ |  2011.04.15(金) 19:32 | URL |  【編集】

>本棚に置き、たまに読み返したくなる本
いいですね!そういう本って、人生の宝物だと思います。

品格と言うキーワードも気になります。
昨今、すこし荒れ気味な世の中だからこそ、品格の意義を再認識する必要があるかも。。。
図書館男子 |  2011.04.15(金) 22:20 | URL |  【編集】

カズオ・イシグロ、まだ一冊も読んだことはないのですが、今一番読んでみたい作家です。
めったに現代作家を褒めない村上春樹もこの作家さんのことは手放しで褒めてましたw。

ジャイさんの文章を読んで、ますます読みたくなりました。はい。本棚に置いて何回も読みたくなる本は本当に少ないです。読んだ本の90%くらいは一度よんで満足して、古本屋に売っています。でも残りの10%の本に出会える喜びは、この上ないですよね。

『日の名残り』
覚えておきます。

あ~でもまだ読もうと思って買って置いてある本が10冊くらいあるんです~(涙)
空花 |  2011.04.16(土) 22:30 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

キヨハラさん

コメントありがとうございます。
映画はまだ観ていないのです。アンソニー・ホプキンスは、ハンニバルの人ですよね。小説を読んだ後に映画化されていると知り、これは絶対に観なければ!!と思いました。映画を観た後にブログをアップすれば良かったかなと後悔しています。

> The Remains of the Dayってダブル・ミーニングですよね?この和訳の題のようにも取れますし、「時代の遺物」とも取れますし。

さすがです。おっしゃるとおりです。スティーブンスの過去を回想しながら、古き良き時代のイギリス、そして失われつつある品格を語っていると思います。ダーリントン卿亡き後はアメリカ人に仕えることになったスティーブンスですが、それもイギリスからアメリカへ、移り変わる時代と権力者を表現していたのではないかと勝手に思っています。

イギリス最高の文学賞、ブッカー賞。「わたしを離さないで」も候補にあがっていたようです。すごい作家ですよね。そういえば、今日の22時からNHKで「カズオ・イシグロをさがして」という特番があります。普段ほとんどテレビを観ないのですが、これはしっかり録画してしまいました。楽しみ、楽しみ。
ジャイ |  2011.04.17(日) 11:40 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

図書館男子さん

コメントありがとうございます。
たまに読み返したくなる本。ビジネス本や自己啓発本ならよくあることですが、小説では珍しいと思います。
「品格」と聞くと、少し前に各種品格本が流行ったのを思い出します。国家だったり、女性だったり。けれど品格を一過性のテーマにしてはいけないと思います。かと言って常に品格のことを考えて行動するのも不自然なわけで、自然な状態で品格を保つというのはとても難しいことなのでしょうね。。
ジャイ |  2011.04.17(日) 14:09 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

空花さん

コメントありがとうございます。

> めったに現代作家を褒めない村上春樹もこの作家さんのことは手放しで褒めてましたw。

そうなのです、村上春樹の「雑文集」にもカズオ・イシグロが登場するのです。新刊が出たらとりあえず読みたくなる作家なのだそうです。新刊が出るといっても、カズオ・イシグロの小説が発売されるペースはものすごく遅いです。大体が、5年に一度くらい… マイペースで執筆し傑作を生み出すところが、村上春樹と似ている気がします。大作家にしか許されないことではありますけれど。

> あ~でもまだ読もうと思って買って置いてある本が10冊くらいあるんです~(涙)

積読本の存在は貴重だと思います。その中から「あー次はどの本を読もうかな」と、選ぶ瞬間も楽しかったりしますし。

読んだ本を古本屋に売るといえば… 先日ブッ○オフに行ったら、「捨てない人のブッ○オフ」というアナウンスがかかっていて「いいな、このフレーズ」と思いました。いつから使われていたんだろうと思って後から調べたら、そのコンセプトが採用されたのは2009年だったのでした。今まで気づかなかった…
ジャイ |  2011.04.17(日) 14:29 | URL |  【編集】

わぁ、「カズオ・イシグロをさがして」、私も見ます。
録画したいところですが、レコーダーを接続したテレビがぶっ壊れています。生で見るようにします。(途中、別の予定があるのが残念ですが)
有益な情報をありがとうございます!
キヨハラ |  2011.04.17(日) 21:00 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

キヨハラさん

コメントありがとうございます。
番組は、結構面白かったです。「わたしを離さないで」の映画の映像が流れただけで、涙腺が緩んでしまいました。「日の名残り」の映像も少し映っていました♪絶対観なければ。
番組の構成も、全体的に静かで美しい仕上がりになっていて、NHKの特番で良かったなと感じました。
ジャイ |  2011.04.18(月) 11:27 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。