FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.06.03 (Fri)

佐藤方俊 大人の常識・非常識

大人の常識・非常識 社会人の基礎チェック大人の常識・非常識 社会人の基礎チェック
(2011/02/04)
佐藤方俊

商品詳細を見る


社会人としての心得や行動の仕方、ビジネスマナーや言葉の常識をこの1冊でカバー!礼儀・マナー、人間関係、正しい言葉づかいなど、大人として知っておきたい常識やマナーの基礎事項が学べます。 全編クイズ形式で、自分の習得レベルを確認しながら楽しく勉強できます。ユニークなイラストや要点をまとめた図表も豊富に掲載しており、新成人や新社会人への贈り物や、社員研修などにも最適です。(内容紹介より)

この本のあとがきに「確実にできなければならない急所を簡潔に説明した」とありましたが、そのとおりだと思いました。私はこれまでに「社会人ノウハウ」について書かれた本をたくさん読んできましたが、一番基本的な内容だったと思います。逆に言えば、この本の内容が身についていない場合、社会人失格と呼ばれても反論できないのではないかと思います。

…と脅しをかけてみたものの、書かれている内容は本当に基本的なものです。
自分の会社を呼ぶとき、望ましくない言い方は「うちの会社」、望ましい言い方は「弊社、当社」。
相手を呼ぶとき望ましくないのは「あんたたち、あんたがた」、望ましいのは「みなさま、あなたがた」。
そんなレベルです。

上記の内容紹介にあるとおり、クイズを用いて分かりやすく簡潔に社会人ノウハウが解説されていますが、こんなクイズもありました。
次の言い方はどこがいけないだろうか。
①「あいつはチビでデブだからトロそうだ」
②「広報課の鈴木さんが妊娠したそうです」
③「マジすか。チョー要求キツイっすね」「何度も聞かされるとウザイんだよ」

思わず吹き出してしまいました。で、そのクイズに対し「特定の年代にしか通用しない言い方や業界に特有の用語を使うのは気配りが足りない」と、真面目な解説がなされています。何だか非常に違和感を覚えます。自分が社会人になったころ(8年くらい前)には、こんな解説が書かれている本はありませんでした。

「私的には」、「~とか」、「~な感じ」というあいまいな日本語の使い方については以前から警鐘が鳴らされていましたが、それらも市民権を持ちつつあり、現代のプレ社会人がそれらを何の疑問も無く常用しているということの表れではないか、と感じました。
こ、これは、かなりおそろしいことじゃないか?

ここ数年で、日本語の使われ方も大きく転換してきていると感じます。昔が良かった、今が悪いと決めつけるつもりはありません。それでも、昔も今も変わらないのは「敬語」の使い方。
この本にも、社会人ノウハウ本には必ずついてくる、敬語一覧表がありました。「言う」の尊敬語は「おっしゃる」、謙譲語は「申す」。
ううーん。この表を見て個人的に感じることですが、敬語ってこんなカタチで勉強しなければいけないものなんでしょうか。表を丸暗記したところで、本番で瞬時に正しい言葉を使用することができるのでしょうか。敬語は勉強するものではなく、覚えるものだと思います。例えば小説をたくさん読んだりして、敬語に触れる機会を増やすことが大事なのです。そうすることで自然に敬語の使い方が頭にしみ込んでゆくものだと思います。小説を読むことは、語彙を増やすという効能もあります。
…と、だんだんこの本の書評からずれてきました。

新社会人になる方は、こういったノウハウ本を読むのも大事だけれど、小説も読むべきだと思います。一見関係ないように感じるかもしれないけれど、確実に自分の糧になるでしょう。うん、これでまとまった。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

07:58  |  小説以外(実用)  |  コメント(2)

Comment

うっわ~

社会人として…社会人になりきれないまま今に至っているので、非常に耳が痛いです。

学校を卒業後、気づいたのは、多くの人の価値基準はお金なのだ、ということ…ビジネスマナーというのも、結局は「世の中お金が基準なんですよ」という大前提を忘れてはいけません、というものかなぁ、と思います。私は阿呆なので、すぐその前提を忘れます…

実用書はともかく、小説を読む人って実は少ないですよね。本ブログやってるとその事実を忘れてしまいそうになります・・・
読書系女子 |  2011.06.05(日) 08:09 | URL |  【編集】

Re: 読書系女子さんへ

コメントありがとうございます。
ああ~、そのとおりだと思います。世の中、お金。
「お金で幸せは買えない」という言葉もよく聞きますが、「不器量な人は心がキレイ」と似たような意味を含んでいるんじゃないか…なんて思ったりします…(結構ひどいこと書いていますが、個人的に感じていることなのでお許しください。この考え方を他人に強制するつもりはまったくありません)
ホリエモンに近い考えでしょうか。ですから、彼のことも嫌いにはなれないです。

小説を読む人、確かに少ないですね。最後に小説を読んだのは、高校の教科書だったという人もいますから。どんな小説が面白いと思えるかのツボは人それぞれで、小説を読まない人は、まだツボの小説に出会えていないということなのかもしれませんね。
ジャイ |  2011.06.05(日) 08:54 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。