FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.05.28 (Sat)

金子由紀子 お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし

お部屋も心もすっきりする 持たない暮らしお部屋も心もすっきりする 持たない暮らし
(2006/12/01)
金子 由紀子

商品詳細を見る


片づけても片づけても、すぐ散らかるのはなぜ?「収納法」や「捨てる技術」だけでは解決しない。毎日ちょっとの「持たない」習慣で、いつの間には部屋がきれいに。(BOOKデータベースより)

上半期に読んだ実用書のなかで一番の面白さです。いやまだ上半期は終わってないだろう、ってツッコミが入りそうですけど。
影響されやすい私は、読後さっそく部屋の掃除に取りかかりました。掃除の結果、40リットルのゴミ袋を4つぶん捨てることになりました。これだけで、かなりスッキリです。けれど、この本によると、捨てるだけではシンプルライフは完成しないそうです。なぜなら、ダイエットと同じく、掃除でも「リバウンド」が発生するから。モノを「持たない」ための心がけがないと、いつの間にかモノは増え、定期的に大掃除を繰り返す羽目になるのです。

目からウロコ。心の琴線に触れた本でした。実用書なのに。
お部屋も心もすっきりする持たない暮らしお部屋も心もすっきりする持たない暮らし
(2010/12/11)
金子 由紀子

商品詳細を見る

ちっこい文庫版も出ています。これなら本棚のスペースも圧迫しないので、買ってみてはいかがでしょうか。一家に一冊。家庭の医学のような本です。

現在の日本の家庭にはモノが溢れています。それには理由があるようです。
まず、和洋ダブルスタンダードの生活様式を送っていること。洋服も着れば着物も着るし、洋食も和食も食べます。食器、食材、調味料の類が増えます。
そして、四季がはっきりしていること。それだけ洋服だって増えますし、冷暖房器具も必要になってきます。
また、伝統的行事が多いこと。おせち料理の重箱や雛人形などは、出番が限られているのに収納スペースを圧迫します。
それらの要因を踏まえ、どうすればモノが減らせるかを考えます。

例えば、「たまにしか使わないもの」があるなら、他のもので代用できないか検討するのです。
ホットサンドメーカー、ごますり器といった調理家電の類は、割と代用がききやすいと思います。そう、断言しますが「あったら便利なもの」は減らせるのです。我が家には調理家電が一つもありませんが、日々の料理は何とかなっています。
「持たない暮らし」は、いかに想像力を膨らませ、もとから持っているものを活用させられるかにかかっているのです。想像するという行為を楽しめる人は、「持たない暮らし」向きだといえます。

違う本になりますが、もう一冊ご紹介したいのがこちらです。

持たない暮らし (中経の文庫 し 3-1)持たない暮らし (中経の文庫 し 3-1)
(2008/01)
下重 暁子

商品詳細を見る

金子さんの「持たない暮らし」と比して、抽象的な文章が多いです。
下重さんの「持たない暮らし」には、なぜ現代の日本にはモノが溢れているか、別の視点から書かれていました。

モノを買いあさる暮らしは、貧しさの裏返しだということ。
戦時中、そして戦後に日本人は不自由な暮らしを強いられました。大切な着物や雛人形を売って、生きのびるための食料を買いました。モノが欲しいと人々は強く願いました。その後、景気が回復し、高度経済成長の時期を経て、いろいろなモノが量産されるようになりました。そして人々はモノを買いあさりました。何も無かった貧しい時代から開放されるために。

今はニッチもニッチ、どんな小さい隙間でも埋めてしまうような、どんなものでも売っている時代です。
赤ちゃんのお尻ふきを暖めるウォーマー、20グラム単位で赤ちゃんの体重が量れるベビースケール、使用済オムツが臭わなくなる特殊加工のゴミ箱。私が妊娠していた頃に取り寄せたカタログに掲載されていた商品たちです。
「買う」ことでなく「買わない」ことに対し決断力が要る時代になったと言えるのではないでしょうか。

金子さんの「持たない暮らし」(まぎらわしくてすみません)には、モノを「持たない」ための具体的なノウハウがたっぷりと掲載されています。全てを紹介したいくらいです。そうなるとブログの文章が超ーーー長くなってしまうので、やっぱり本を読んでいただくのが一番。読んで損はしない一冊です。

テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

07:54  |  小説以外(実用)  |  コメント(4)

Comment

No title

どの記事にコメントさせていただこうか迷いました(笑)
『大人の常識・非常識~』は自分にまったく自信ない。
スイーツの記事は、ひたすらよだれを垂らして『おいしそう♡』とため息ばかり。
うん。この『お部屋すっきり~』だったら、少しは私も語れるかも?!と思いました。←前置き長過ぎ

わたくし、物へのこだわりが強すぎるため、
何かを買うときは、とことん吟味して買うんです。
しかも、捨ててから買う!!を習慣にしており、
部屋にはほとんど物がありません(笑)。
使わないものが家にあると落ち着きません。
友人を招くと、『ほんとにここで生活してる?』と驚かれたりしますが、はい、生活しております。

ただ、思うのですが、外国の家なんかをテレビでみると、
ほどよくちらかっていても、美しい。
なんででしょうかね?
物が無いことは、部屋をすっきり見せるのにはいいのですが、美しく暮らしていることとイコールでは無いように思うのです。
適度にちらかっていても、その人らしい生活が見える部屋が、本当に美しく思えたりするのです。
『持たない暮らし』の次は、『ほどよく持っていてなお美しい暮らし』というものを私としては目指したいなあ、な~んて思う次第です。
空花 |  2011.06.03(金) 14:52 | URL |  【編集】

Re: No title

空花さん

コメントありがとうございます。
この記事にコメントいただけて嬉しいです。結構好きなテーマなので。
空花さんも、持ち物が少ない方なのですね。使わないものがあると落ち着かないのも一緒です。かぶってますねー。
いま自分が住んでいる部屋、14畳のワンルームです。旦那と赤子と、三人で住んでいます。他人からは信じられないといわれますが… 
今でも少し余裕があるくらいですが、赤子のために、もう少し広い部屋に引越ししようかと考えているところです。子供は動くのが大好きですからね。

外国の家が美しく見えるというのは同感です。「見える」というか、実際に美しいですよね。パリはインテリアも街並みも素敵な街ですが、そういう街に住んでいるというだけで、住民は知らぬ間にインテリア経験値を積んでいるのかもしれません。
結局のところ、インテリアは住居人自らを表現するものだと思います。背伸びしてセンスのいい家具を揃えたり、お金をかければいいというものじゃなくて。
生活感の無い部屋ひとつとっても、ホテルみたいで嫌と居心地が悪くなる人と、ものすごく落ち着く人とに分かれると思います。その違いは最終的に、性格の違いに行き着くんだと思います。ちなみに私は生活感のない部屋が大好きです。
歯磨き粉なんかも、裏の説明書きがイヤでしょうがないのです。全部剥がして真っ白にしたくなる。うちにある大体の消耗品のラベルは私の手によって剥がされています。だって気に入らないんだもーん。この気持ち、何となく、空花さんならわかってくれるような気がします…
ジャイ |  2011.06.03(金) 19:13 | URL |  【編集】

No title

あ~ジャイさん!!申し訳ありません。
最初のコメントの誤字が気になって修正したところ、
承認待ちに戻ってしまいました。とんま(死語?)です。

分かります、分かります。
目のつくところに生活の匂いのする物をいっさい置きたくありません(笑)。液体石鹸も、お皿を洗う洗剤も、すべて、真っ白な無印良品のボトルに入れ替えて使ってます(笑)。

ベッドカバーはリネンの白。テレビのリモコンすら、美しくないのでテーブルに置いておくのが気になりますw。

けれども、私はどこかヌケてるので、多分、何かが、ちゃんとしてないはずですw。誤字に気をつけていても、必ずどこか誤字がある文章を残してしまうようにね☆

ジャイさんのお宅は、赤ちゃんがいらっしゃるのに、生活感の無い部屋を維持していらっしゃるなんてすごいです。しかも、あなたのきちんとした文章からも、几帳面さが伝わります♡
空花 |  2011.06.04(土) 00:56 | URL |  【編集】

Re: No title

空花さん

コメントありがとうございます。最初いただいたコメントに、誤字ありましたか?全然気にしなくて結構ですよ。私のブログも、誤字脱字のオンパレードだと思います。管理人が漢字に弱いので… ウウウ…

無印良品のボトル、我が家にもあります。最初は100円ショップで買ったのですが、すぐ壊れてしまって。シャンプーが、ポンプを押しても出てこなくなりました。まあ、安かったからいいんですけど、最初から無印のを買っとけば良かったなと思います。
空花さんとかぶりまくりますが、私もテレビのリモコンが嫌いです。去年、白いフレームのテレビを買ったんですけど、リモコンは黒でした。がっかりしました。なぜなのでしょう。リモコンが白いと手垢が目立つからかな??
リモコン、かぶせるだけで白くなるケースなんてあったら買うんですけど。

几帳面と言っていただいて嬉しいです。実際の友人には、あまり言われたことはありません。なんででしょうか、実は自分がかっちりとした職業なので、かっちりした文章になってしまうのかも。脳内はかなりのファンタジスタですけど。

赤ちゃんのおもちゃは原色が多いので、シンプルな部屋ではかなり浮いています。
そんな中でも、外国製のおもちゃは比較的お洒落なので、工夫すればインテリアにもなじむんじゃないかと思います。
ジャイ |  2011.06.04(土) 22:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。