FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.06.15 (Wed)

山本文緒 恋愛中毒

恋愛中毒恋愛中毒
(1998/12)
山本 文緒

商品詳細を見る


もう神様にお願いするのはやめよう。―どうか、どうか、私。これから先の人生、他人を愛しすぎないように。他人を愛するぐらいなら、自分自身を愛するように。哀しい祈りを貫きとおそうとする水無月。彼女の堅く閉ざされた心に、小説家創路は強引に踏み込んできた。人を愛することがなければこれほど苦しむ事もなかったのに。世界の一部にすぎないはずの恋が私のすべてをしばりつけるのはどうしてなんだろう。吉川英治文学新人賞を受賞した恋愛小説の最高傑作。(BOOKデータベースより)

まず全然関係ないところから感想が入りますが、この小説の主人公は「水無月美雨」。旧暦の六月が「水無月」と呼ばれていますよね。なぜ梅雨のある六月が水無月なのか、と疑問に思う方もいるでしょう。水無月とは、「水の無い月」という意味ではないようです。水無月の「無」という字は「の」という助詞の役割を持つため、「水の月」というのが正しい解釈だそうです。旧暦では、ちょうど田植えが始まる季節なので「水の月」と呼ばれるようになった、と言われています。
はい、それでは雑談から戻ります。

「恋愛小説」。1999年、吉川英治文学新人賞を受賞した作品です。同年、同賞の候補作の中には、あの東野圭吾の「秘密」がありました。「秘密」も名作ですが、その強力なライバルを押しのけて受賞した「恋愛中毒」。一体どんな小説なのだろう?
そんな私の勝手な期待を背負った「恋愛中毒」でしたが、読後の感想は、ずばり。

おもしろすぎます。

山本文緒さんの小説では、結構な確率で、限りなく「普通」に近いけれど「普通ではない」女性が登場します。
その書き方の上手さといったら。水無月さんがどんどん壊れていく!と思いながら読み進めていましたが、そうではなかったのです。彼女は、最初から普通ではなかった。あまり詳しく書くとネタばれになるので止めておきますが、序盤の水無月さんにはそこまでの不自然さが感じられません。やられた。気づかなかった。この小説を二度読むと、一度目に読んだときには気づかなかったさりげない伏線に感服させられると思います。
筆力のある作家だと思います。絶妙な人物描写も素晴らしいのですが、物語の構成力において桁違いだと思います。派手な文体ではないのに、どうしてこんなに力があるのでしょう。物語にぐいぐい引きこまれます。気づいたら、私は「恋愛中毒」の中毒になっていました。いやいや、参った。

そして、読後感にも山本文緒小説独特のカラーがあります。
決して明るい小説ではありません。「恋愛中毒」というタイトルで想像できるかもしれませんが、恋愛の明るい面ではなく暗い面にスポットを当てた作品です。読んでいて気持ちよくなる内容ではありません。それなのに、混沌とした気持ちで終わらせない。水無月さんの人生には紆余曲折あったけれど、彼女にとっては前向きな未来がここにあったんだね、という妙に納得するラストとなっています。非常にすっきりと読み終えることができると思います。物語にぐいぐい引き込まれて、人間のダークな心情をリアルに見せられ、どうしていいか分からなくなった読者をきちんと現世に送り返してくれる小説です。
うん、律儀だよね。

それにしても、水無月さんのように「恋愛が自分の全て」という感覚について共感できる方はどれくらいいるのでしょうか。別れた夫の家に執拗にワンコールしたり、好きな男が他の女性と部屋にこもっている間、ホテルの駐車場で男が帰ってくるのをじっと待っていたり。理解できない、気持ち悪いと感じる人のほうが多いかもしれません。
それでも、私は水無月さんが嫌いになれないのです。根本にあるのは純粋な「人を愛する気持ち」であると思うから。愛していれば何をやってもよいというわけではなく、気持ちに伴った「行動」に問題があったわけで。
水無月さんの他にも多くの女性が登場しますが、その彼女たちは、好きな男性とスムーズに交際するための「はけ口」を別に設けています。そうしてバランスを取って生きている。恋愛における処世術を身に着けているのですね。キレイな生き方です。だからって水無月さんの生き方が汚い、ドロドロしている、不器用だと片付けてしまいたくはありません。小説を読んでいくと、水無月さんに不思議な愛着がわいてくるのです。
水無月さんに共感できるか否かは、読み手に「心から愛した人」がいるかいないかで変わるのではないでしょうか。
恋愛… 誰でも経験する身近なテーマではあるけれど、深く語るとなると一筋縄ではいきません。人によっては、自己を破滅させてしまうほど強く膨らむ気持ちでもあるわけですから。難しいものですね。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

07:56  |  山本文緒  |  コメント(4)

Comment

おお!

これはおもしろそう。

水の月…初めて知りました。
今の季節に読むと良さそうですね。
美雨…なんと読むのでしょう?みう?
読書系女子 |  2011.06.16(木) 12:38 | URL |  【編集】

Re: 読書系女子さんへ

そうなのです、水無月は6月。読んだタイミングと偶然一致したので、なんだか嬉しくなって書いておきたくなったのです。
美雨は「みう」です。かわいいですよね。でも、当の本人(水無月さん)はこの名前が大嫌いなのだそうです。

ちょっと関係ないですが、子供サークルに赤子を連れて行くと、周りのお子様たちの読めない名前に戸惑いまくりです。
ジャイ |  2011.06.16(木) 17:04 | URL |  【編集】

No title

ジャイさん。こんばんは。

確かこの本、読んだ記憶があります(笑)
うん。この人の本、面白くて一気に読んじゃうんですよね。
まさに恋愛エンターテイメント小説作家(?)です。
でも、漫画のようにする~っと読めちゃうので、
後で思いだしにくくなってしまう~(涙)
今、ジャイさんの文章を読んで少し思い出しましたよっ

そうそう、不倫にはまって、トイレに閉じ込めて・・・など、
印象的な場面がありましたっけ。
客観的にみれば、ちょっといっちゃってる女性なんですが、
どこかその狂気に共感さえも持ってしまうのは、
この作家さんの筆力でもあり、
本来、多くの女性が胸に抱いて隠し持っている狂気を
あぶり出しているからなのかなあと思いました。
空花 |  2011.06.20(月) 21:59 | URL |  【編集】

Re: 空花さん

そうです、トイレに閉じこめちゃうんです。ようやくそのあたりから、このヒト何かがおかしいぞと感じ始めるんですよね。本当に気づかなかった。作者の書き方がうまいのか、私が単純だからなのか。
小説の序盤では、彼女は弁当屋のパートでしたね。この部分で、水無月さんという人間はどこにでもいる普通の女性なんだなというイメージを植えつけられます。これも一つの罠(?)だったのかもしれません。

また、女性の心情をリアルに書いているのも面白かったのですが、あの「先生」のキャラクターにハマってしまいました。こんな男、いるのか~!?女性面ではだらしないけど、結構筋の通ったいい男だと思いました。水無月さんとは相性がいいのではないかと思ったりします。二人のその後が知りたいような、知りたくないような。

確かに、心から好きになった男性と付き合っていると、我を忘れて暴走してしまうことがありますね。さすがにストーカー行為はやりませんけど、一人でいるときにも相手のことを思い出したり、些細なことで嫉妬したり。付き合っている最中には、結構相手に執着していたと思います。

おそらく、程度の差はあれど、女性なら皆「水無月さんDNA」が流れているのでしょう。
ただ、私の場合は、どれだけ好きでも別れてしまうと何もかも忘れてしまうんですけどね。熱しやすく冷めやすいんです。あはは。
ジャイ |  2011.06.20(月) 22:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。