2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.06.08 (Wed)

日記 習慣を思い込みという視点で考える(上)

愛読ブログ「読書一万時間」にて、「2つの習慣」についての記事が書かれておりました。

2つの習慣とは、

①明確な目的意識を持って身につけた習慣
②日々の生活の中で知らぬ間に身についてしまった習慣

です。ブログ「読書一万時間」では、②の習慣というのは過去の行動や感情によって決まってくる、ひいては「思い込み」の力によるところが大きいのだと分析されています。

ブログ「読書一万時間」はこちらです

確かにそのとおりだと思います。思い込みとはプラスにもマイナスにもなりうるものですね。「できる」と思い込んでいれば自分の力量以上の結果が出せるときもありますし、「できない」と思い込んでしまったら、逆の現象が起こりうる可能性も。イメージの力を侮るなかれ。つまり、「できない」という思い込みを転換することで、よりよい状態に自己プロデュースすることが可能になってくるということです。

そこで、自分も考えてみようと思います。自分の2つの習慣とは、何だろう。
②の習慣は、身について「しまった」ですから、あまり良くない習慣ということですね。思い込みによる悪しき習慣。悪しき… 癖なんかも思い出してみたほうがいいのかなあ。でも、癖なんて自分じゃ分からないし。あー、うー。色々悩んでしまいます。でも、とりあえず書いてみます。

まず、①明確な目的意識を持って身につけた習慣 について。

「生きているだけでありがたい」と思うこと  です。

朝起きたとき、必ず心の中でこの言葉を唱えるようにしています。
会社に行かなければならない、でも二日酔いで頭がガンガン。そんなとき「会社行きたくないー、仕事面倒くさいー」という気持ちになってしまうこともあるでしょう。そこで「生きてるだけで~」と唱えると、不思議と元気になってくるのです。

また、何か辛いことがあったときにも、この言葉を思い出すようにしています。
一回唱えて何も変わらなかったら、もう一回。
何度か繰り返すと、負の感情がすーっと消えていくのを感じます。
自分はこうして大概のことを乗り越えてきたつもりです。

「生きているだけでありがたい」なんて、これ以上のものはないというくらい、シンプルな指標だと思います。でも、これ以上大事なことも無いんじゃないかと思います。
実は、この言葉を大事にしようと思ったキッカケがあります。

私の家族が一人、病気で亡くなったことです。
身内の死というのは、経験された方なら分かると思いますが、例えが見つからないほどの悲しみを受けるものです。何度泣いたか分かりません。そして、「残された自分は、二人分の人生を送らなければならない」と、前向きなようで少し違う、自分が自分に課した義務に縛られ、がんじがらめになって生きてきました。

それが、ようやく最近(といっても3年くらい前?)から、発想の転換ができるようになってきました。
旅立った家族は、私に「生きること」がどれだけ尊いことか教えてくれたんだと思うようになったのです。

私は、「生きているだけでありがたい」と心の中で唱えるとき、旅立った家族のことも一緒に考えるようにしています。
失った愛する人を忘れないことと、前を向いて生きていくことは両立できると思います。

生きていれば、楽しいことばかりではなく、辛いこと、理不尽なこと、できるなら避けて通りたいことのオンパレードだと思います。それらも、生きていく自分にとっての「修行」なんだと思って対峙していけば、それほどストレスを感じずに生きていけると思います。

「生きている」ことの尊さを、常に念頭において生活することは難しいと思います。だから、自分は「生きているだけでありがたい」のだと毎日唱えることを習慣にしました。

…と、私の①の習慣はこんなところです。
②の習慣については改めてブログに載せたいと思います。それでは、「下」につ・づ・く
07:50  |  日記  |  コメント(2)

Comment

No title

素敵な言葉です。
「生きているだけでありがたい」本当にこれにつきると思います。

普段、当たり前のことを意識しないでいるとどんどん贅沢になってしまいがちで感動も薄れがちになってしまいます。
こういうシンプルなことを意識することで、本当に日々の生活がどれだけありがたいことか身にしみてくるはずです。

ちなみに私は「私は運がいい」と言うことを心がけています。
図書館男子 |  2011.06.08(水) 20:39 | URL |  【編集】

Re: 図書館男子さんへ

コメントありがとうございます。

たまに病気になると、五体満足なことがどんなに幸せなことか気づかされます。
でも、それよりももっと、根本的なこと。生きている状態がどんなに貴重で尊いことか。
「生きているだけでありがたい」と唱えることで、その時の自分に何か悩みがあったとしても、
「ああ、なんか、悩んでることってちっちゃいな…」なーんて思い直すことができるのです。

「私は運がいい」も素敵な言葉ですね!!図書館男子さん、きっとポジティブな性格の方なのでしょう。
へんな使い方ですけど、例えば買ったばかりのアイスクリームを動物園の猿に食べられてしまったときも、
「私は運がいい、こんな面白い光景にはなかなか出会うことはできない」と思うことだってできるはず。
(なんちゅう例え話だ・・・)
ジャイ |  2011.06.08(水) 22:18 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。