FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.06.30 (Thu)

山崎ナオコーラ この世は二人組ではできあがらない

この世は二人組ではできあがらないこの世は二人組ではできあがらない
(2010/02/24)
山崎 ナオコーラ

商品詳細を見る


なぜ全員が男女二人組でなくてはならないのか。川を二つ越えながら、日々を営んでいた。埼玉とたまプラーザ。この小説の舞台は狭いアパートだ。社会とつながりに切り込む“反恋愛小説”。 (BOOKデータベースより)

まず、表紙の雲煙に驚かされました。そして本の帯には「社会とつながりに切り込む反恋愛小説」。な、なんじゃ?ものすごく興味を引かれ、読んでみることにしました。
山崎ナオコーラさんの小説は初読でしたが、この小説だけの感想を述べると「軸が無い」。悪く言ってしまえば「ふらふら」なのです。他の小説もこんな感じなんだろうか。彼女の文体がふらふらなのか、描写した登場人物の思考が定まっていなくてふらふらしているように感じるのか。どちらでしょう。
…というのも、この小説に登場するのが所謂「ロスジェネ世代」。
正確に言うと「ロストジェネレーション(失われた世代)」。大学卒業年に就職氷河期を迎えていた、現在の20代半ばから30代半ばくらいの世代を指します。この時代は、景気も悪かったので、とにかく就職難でした。小さい企業でも就職できれば御の字、非正規雇用も止むなしといった時代だったわけです。
それで、一般的にロスジェネ世代の特徴として、傷つくのが怖かったり、決断力が無かったりといったネガティブな一面がクローズアップされているわけです。

確かに、主人公の栞も、彼氏の紙川さんも、世間に対する愚痴ばかり。
栞は小説家を目指しているけれど、なぜ小説を書いているのか、強い動機が伝わってきません。何のために、何を書きたいの?小説が書けずに悩んでいるシーンが何度も登場します。かと言って栞は何も考えていない子ではありません。世間で決まりきっている制度(戸籍、結婚、出産など)について疑問を持ち、自分なりの考え方を持っているようです。それは、もともとそういう考え方であるのか、それともロスジェネ世代だからこそ持ち合わせた考え方だったのか。
世間に対する猜疑心はあれど、どこかやはり「ふらふら」しているのです。
この猜疑心を進化させ、自分の思考として確固たるものを築ければ「軸」になるのでしょうけど、栞の中では、そこまでには到達していないように感じました。
軸がぶれていると、簡単に他人の意見に流されてしまうのです。「本が好き」「小説を書きたい」という気持ちを強く持っていたらしい栞ですが、私から見たら、本や小説よりも紙川さんのことばかり考えているなあという印象でした。
そして、紙川さんも「ふらふら」。栞からアパート代を借りてまで公務員試験を受験し、合格したのに「起業したい」とか「中途採用を募集している塾に面接行ったんだけど受かるかも」と二転三転、全くやりたいことが分からない、夢と屁理屈ばかり語る男です。(おっと、毒舌が出てしまった。基本的に、私、ふらふらしている男には厳しいのです)

栞や紙川さんと同じロスジェネ世代の私ですが、なぜだか全く共感ができません。
ロスジェネ世代にも二つのタイプがあるんだと思います。
就職できたグループと、できなかったグループ。前述したロスジェネ世代の特徴が該当するのは後者のほうだと思います。逆に前者、就職できたグループはあらゆる事に対し意欲的な人間が多いと思います。激戦を乗り越えて勝ち取った人生ですから当然ですが。

と、何となく自分がロスジェネ世代であることで、思うところが少しずれてしまいましたが、この小説の一番大きなテーマは、タイトルにあるとおりのものです。男と女の二人組、夫婦という形をとることが今の社会では当然になっています。結婚したら戸籍を新しく作り、女は子供を生んで一人前。昔からある決まりきった制度、そして固定観念について再考するキッカケを与えてくれた小説でした。イマイチ共感できなかった自分が言うのもなんですが… うん、まあ、視点は斬新だったと思います。


↓押すと、ジャイさんが密かに喜びます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

08:05  |  山崎ナオコーラ  |  コメント(2)

Comment

ロスジェネ

おそらく、私もロスジェネです(?)

山崎ナオコーラさんって、確か『人のセッ ◯スを笑うな』ってやつを書いた人ですよね?私も読んだことは無いのですが、確か、朝日新聞にエッセイを載せていたので、それはときどき読んでました。でもなぜかあんまり印象に残ってません(笑)。多分、あまり共感しなかったのでしょう。

確かに、私も周りの友人達も、かなり就職活動は大変でしたが、バブル絶頂期にちやほやされて、なんとなく大企業とかに就職しなくて良かったな、なんて思っています。真剣に、何をやりたいのか、どう生きていきたいのか、を考えて、自己分析しました。あの体験は貴重です。

なので、この本の主人公のように『ふらふら』するっていうのが、私も?になっちゃうと思いますよw。ただ、夫婦というこれまでのあたりまえの形に疑問を持つっていうのには、賛成です。もっといろんな形があっていいと思います。もうちょっとゆるやかな繋がりというか、友人同士でルームシェアして暮らすとか、お年寄りの家に、若い人が部屋を借りるとか、そんな新しいゆるやかな疑似家族みたいなのも、もっと増えてもいいんじゃないかなあなんて思います。

ごめんなさい。なんだかジャイさんのところって、コメントすごく長くなっちゃいます。どうしてでしょう?(笑)
空花 |  2011.06.30(木) 22:14 | URL |  【編集】

Re: 空花さん

> 山崎ナオコーラさんって、確か『人のセッ ◯スを笑うな』ってやつを書いた人ですよね?
そうです、その方です。こちらの本は未読ですが、確か映画化されていましたね。あまり興味の無いテーマだったのでノーマークでしたが。

就職活動、きついですよね。大学受験などと違って、内定が出るタイミングには個人差があって、残された学生は焦る。どこでもいいから決まってくれーと思ってしまう。でも空花さんのおっしゃるとおり、自分が何をやりたいのか、きちんと考えて就職しないとダメだと思います。
大企業の肩書きは、確かに一部の層には魅力的に映るかもしれない。ちやほやされるかもしれない。でも、働いている本人が、そこで働いていることに誇りと生きがいを持てていない状態なら、とても虚しいことだと思います。
働くとは、自己のブランディングのためではなくて、社会貢献のためにするもんだと思います。当たり前のことですけど。

> そんな新しいゆるやかな疑似家族みたいなのも、もっと増えてもいいんじゃないかなあなんて思います。
↑同感です。お年寄りの家に若い人が、というのもすごくいい。子供が巣立った後の一軒家って寂しいですからねー。部屋を有効活用できるし、お年寄りは話し相手ができるし一石二鳥です。
日本は夫婦制度がきっちりしすぎてるんですよね。フランスは事実婚制度が整っていて、夫婦のスタイルが割と自由なものになってます。フランスができているなら、実現不可能なスタイルではないはず。まあ、事実婚の場合は、夫婦というよりは産まれた子供の権利を認めるほうが重要になってくると思います。
個人的に、そろそろ民法を見直すべきだとは常に感じています(家族法だけに限らず)。これだけでゴハン三杯いけちゃうぞってくらいに語れます。まあそれは置いといて。
ブログの交流ってブロガーさん同士の意見交流の場ですから、長いコメント大歓迎ですよー。
これからもよろしくお願いします。私も語ると長くなってしまうので…こんなふうに。
ジャイ |  2011.07.01(金) 10:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。