FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.07.03 (Sun)

有川浩 ラブコメ今昔

ラブコメ今昔ラブコメ今昔
(2008/07/01)
有川 浩

商品詳細を見る


突っ走り系広報自衛官の女子が鬼の上官に情報開示を迫るのは、「奥様のナレソメ」。双方一歩もひかない攻防戦の行方は?(『ラブコメ今昔』)。出張中新幹線の中で釣り上げた、超かわいい年下の彼は自衛官。遠距離も恋する二人にはトキメキの促進剤。けれど…(『軍事とオタクと彼』)。「広報官には女たらしが向いている」と言われつつも彼女のいない政屋一尉が、仕事先で出会ったいい感じの女子。だが現場はトラブル続きで…(『広報官、走る!』)。旦那がかっこいいのはいいことだ。旦那がモテるのもまあまあ赦せる。しかし今度ばかりは洒落にならない事態が(『青い衝撃』)。よりによって上官の愛娘と恋に落ちてしまった俺。彼女への思いは真剣なのに、最後の一歩が踏み出せない(『秘め事』)。「ラブコメ今昔」では攻めに回った元気自衛官、千尋ちゃんも自分の恋はいっこうにままならず…(『ダンディ・ライオン―またはラブコメ今昔イマドキ編』)。 (BOOKデータベースより)

自衛官をテーマにした短編集です。少々ベタな展開もありましたが、それでも面白いものは面白い。
ではでは、各短編について自分なりの感想をば。

『ラブコメ今昔』
今昔という単語の意味に、最後の最後で気づかされました。ええのー、ええのー!心がほんわかする短編です。自分も一度でいいから「お見合い」というものを経験してみたかった。「あとは若い者にまかせて」と言われたい。そして、「ご趣味は?」「漬物を少々」…漬物!いやー、いいですね。堅物の今村と、ほんわか天然な邦恵の相性は抜群だと思います。言葉のやり取りを聞いているだけで、癒されました。

『軍事とオタクと彼』
ヒロインの歌穂が感情をあらわにする(泣いたり怒ったり)シーンが多いです。けれど彼氏の森下とはほとんどケンカなし。森下の性格が温厚で、歌穂の怒りを受け止めて凪にしているような、そんな二人なのです。にしても、こんな出会い方もありなんですね。運命の人と出会えたのは、電車の中だった!…結婚式で言ったら、盛り上がるだろうなあ。

『広報官、走る!』
恋愛よりも、テレビ関係者はこんなにルーズで性格が悪いものなのかと、そちらに視点が向かってしまいました。セクハラも結構ありそう(憶測ですが)。そんな職場で頑張っている汐里ちゃんの苦労を察し、切なくなりました。短編の後半は、自衛官の使命について考えさせられます。「いちいち怖いなんて思っていたら自衛官なんか務まらない」…そうですよね。この短編集の中で、一番感動したのがこちらでした。自衛隊とはかくあるもの、そんなメッセージが伝わってくる短編です。
性悪なテレビ関係者、自衛隊の使命。それらのインパクトに押され、一応恋愛シーンもあるのですが、完全に負けています。

『青い衝撃』
紘司の目線で女性を好きになれる男が、この世にどれだけいるんだろうかと感じます。頭脳明晰、子煩悩、容姿端麗と非の打ち所が無いと思われた紘司ですが、制服の襟に何度も何度も手紙をしのばされていたことに全く気が付かなかったという超鈍感な一面が。いや、そんなもの欠点のうちに入らないよなー。紘司みたいな男性が近くにいたら、頑張って狙いにいきましょう。その時は、ぜひ「爪」をきれいにしていってください(少々ネタばれです)

『秘め事』
上司の娘と恋に落ち、その結末に至るまでの物語なんですが、他の短編より「ご都合的」な展開が多すぎなように感じました。宮崎君の命が軽すぎます。上司との決闘シーンもなんだか喜劇のようでした(ごめんなさい)。ラストも簡単に予想できてしまいます。私の中では一番微妙な短編だったのですが、救いはヒロイン有季の人間性に感銘できたことです。控えめな外見に隠された、一本の太い芯が見えました。うん、本当にいい女。

『ダンディ・ライオン―またはラブコメ今昔イマドキ編』
明るい女性とオクテな男性のラブストーリー。そして女性のほうが階級が上ときています。予想通り、最初は女性からガンガン攻めていきます。ドラマ、マンガではよくある展開だと思うのですが、私自身この展開は嫌いじゃないので楽しく読ませていただきました。千尋ちゃん、かわいいー。

こうして全ての短編をざっと振り返ってみると、なんとなく各短編で恋に落ちた二人というのは、似たもの同士ではなくて、むしろ正反対の性格同士なんではないかと感じます。凹凸を埋めあい補完しあえる関係、ということなのでしょうか。

↓押すと、ジャイさんが密かに喜びます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

07:25  |  有川浩  |  コメント(2)

Comment

ほほほう

「お見合い」!実はやったことありです(笑)。
お互い断ること前提の義理見合いだったので、話が盛り上がらないことこの上なし!
後はお若いお二人で~とか言われても、何もしゃべることがなく、本当に困ったことだけ覚えてます。
漫画とかでよくある、嫌々だったけど実際会ったら素敵だったとか、あんなの絶対嘘です(・_・)。

有川さんは、最近ちょっとナナメに見てるんで、様子見してます。
道楽猫 |  2011.07.03(日) 10:24 | URL |  【編集】

Re: 道楽猫さん

おーーーっ、いいなー、いいなー!!(このハシャギぶりはダメだと思いますが…)
義理見合いというのは、おそらく「上司の顔を立てるためとりあえず会ってくれ」という感じのシチュエーションなのでしょうね。上司くらいの年齢の方はお見合いで成婚したケースが多いと思うので、同じように若者に紹介しようとするのでしょう。いやいや…時代は変わっているのにねえ­(´◉◞⊖◟◉`)

この小説、ラブコメ小説だと思って読んだら不完全燃焼で終わるかも。ベタな展開も多いですし。良くも悪くも有川浩小説です。
でも、震災があって自衛官が精力的に活動しているタイミングでこの小説を読めたのは良かったと思っています。
ジャイ |  2011.07.03(日) 13:30 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。