FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.10.16 (Sun)

有村かおり リサレクション

リサレクションリサレクション
(2005/12)
有村 かおり

商品詳細を見る


とうとう、出会ってしまったと思った。二人はゆっくりと恋の扉を押しあけ心の叫びを知った。元TBSキャスターが全てを注いだ、珠玉の恋愛小説。

きれいな描写の小説です。そこが有村かおりの良さであると思います。
でも、そういうきれいな描写では、この小説のテーマを書ききるのには不十分だったのかもしれないな。
そんな感想を持ちました。
この小説の物語が現実に展開されたら、もっとドロドロした場面が出てくるはずなのです。重くて辛い、人間同士のぶつかり合いがあるはずなのです。それがあまり伝わってこない。言い争いにしても何にしても、とても美しく、型にはまった感じでまとまってしまっているんですよね。
きれいなので読みやすくはあるのです。そして、丁寧にラストシーンで筆者の言いたいことも文章になって表現されている。そうだね、つまりは「リサレクション」、魂の再生について言いたかったんだね、と。
こういった書き方の小説だと、読み手が100人いたところで、100人全員が同じ感想に落ち着いてしまうと思うのです。

そもそも、淳二(主人公の夫)のキャラの書き方が悪すぎて、誰が読んでも、これじゃあ主人公とはうまくいかないよねー仕方ないよねという同情の念を抱いてしまうと思うのです。
ここではあえて、淳二をとても良い人物として書いてみるのもアリだったのではないかと思います。
「夫に対しては何も不満は無かったんだけれど、夫よりさらに居心地の良い居場所を見つけてしまい、どうしようか悩む」 くらいのストーリーのほうが、面白いものが書けたんじゃないかと思うのです。
読み手に選択肢を提供するのが小説の役割なんではないかと思うので。
ワハハ、えらそうなことを言っちゃってごめんなさい。いち読み手の勝手なワガママですー。

読み手の心にズコンと訴えたいのなら、もっとリアルな描写が必要だったように感じます。
でも、きれいにまとまっている小説は、それはそれでポジションを得た読み物になっているのかなあと。
ふわふわと、おとぎ話を読んでいるかのような感覚になるので、さらりと読むならよい小説です。
それが筆者の意図している読み方なのかどうかは、分かりませんが。

そして読み終わった後に感じたのは、結婚とは、他人や世間体のためにするんじゃないということ。
どれだけ外側(社会的立場、年収…等)の条件が揃ったパートナーと一緒にいたとしても、内側に共感できるものがなければ、一緒にいたって虚しいだけなんですね。
数々の不満を持っていたけれど目を伏せて生きてきた主人公が、それらを捨て去って新しい人生を選択するラストシーンは気持ちよかったです。まあ、もっとリアルに書けだの、意見要望を書きまくった後で言うのも何ですが。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

09:36  |  あ行その他  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。