FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.11.27 (Sun)

深田晶恵 30代で知っておきたい「お金」の習慣

30代で知っておきたい「お金」の習慣30代で知っておきたい「お金」の習慣
(2011/05/20)
深田晶恵

商品詳細を見る


なぜ、親や上の世代のアドバイスを受けると
お金が減ってしまうのか

今の30代は、給料が上がらない、年金不安、子どもの教育費の上昇など 団塊の世代やバブル世代とは置かれている状況が明らかに違っています。
先行きが不透明なこんな時代は、 今の30代にとって必要な「お金」の考え方を知るべきです。
15年で3000件以上の家計を診てきたプロが明かす、将来、絶対後悔しないための、新・生活防衛術。
30代で、知っておけば、「お金の困らない人生」を手に入れることができる、たった3つの習慣をぜひ身につけてください

プロローグ
99%が知らずにソンしている!
30代が、将来後悔しないために知っておきたい「お金」の習慣

第1章 99%の30代が知らずにソンしている「お金」の習慣
第2章 どんな人でもこうすればお金が貯まる!「貯める」しくみの作り方
第3章 3年後、後悔しないための「お金」の使い方をマスターする
第4章 なぜ、40代バブル世代は稼いでいるわりに、お金が貯まらないのか
第5章 知れば1200万円トクをする! 30代の保険の選び方、入り方
第6章 家は40代で買いなさい! お金を減らさないマイホーム購入術
第7章 将来泣かないために、30代で「だまされない」投資力を身につける!

(内容紹介より)

長い引用となりましたが、こういう内容なのでそのまま掲載してしまいました。
ちなみに、文字色を変えて強調した「たった三つの習慣」というのは、
1 積立てでお金を貯める(先取り貯蓄)
2 保険や住宅ローンで無駄なお金を使わない
3 ずっと働き続ける
ということです。

日本人は、「もしも」のことに備えるため、生命保険・医療保険への加入を強く求める傾向があると思います。
けれど、「もしも」のことへのセーフティネットは、実は保険以外にもあって、それらに関する正確な知識を持っている日本人は少ないのではないかと思います。
例えば、夫婦がいて、夫が亡くなった場合には遺族に「遺族年金」が支給されます。
そして、現行の制度上、共働き夫婦のうち妻が亡くなった場合には、夫には遺族年金が支給されないことになっています。つまり共働きの家庭では、死亡保障を手厚くしなければいけないのは、実は妻のほうなんですよね。理不尽な時代遅れの制度だと思いますが、そう決まっているものを変えることはできません。
…ここまでは私も知っていました(一応FPの試験勉強をしているので~♪)。
けれど、18歳未満の子供がいる夫婦の場合は、子供を受給権者にすることで遺族年金の支給が受けられるんだそうです。あぶな~い、知らなかった!!私、このことを知れただけで、この本を読んで良かったと強く感じました。

それにしても、世の中には「知らなくて損をしている」ことの多いこと。
大体の特典制度ははこちら側からの届出が無いと始まらなくて、何もしなかったら、何も恩恵が受けられないことになります。「そんな制度があるのは知らなかった」、「教えてくれなかったじゃないか」と後からクレーマーになるのは、言い方はきついけどお門違いかと…
何事についても、自分から積極的に勉強し、知識を習得していく姿勢が大事になっていくと思います。

何となく個人的な感覚で、これからの時代は「サバイバル社会」になるのではないかと感じます。
いや、もうすでにサバイバル社会に突入しているといったほうがよいのかもしれません。
時代は変わりました。資産運用に関しては、これまでの固定観念は通用しない社会になっていると感じます。これからは、自衛の策を身につけ、周りに流されない毅然としたスタイルをを保っていかなければならないと感じます。
10:11  |  小説以外(実用)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。