FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.12.18 (Sun)

森見登美彦 美女と竹林

美女と竹林美女と竹林
(2008/08/21)
森見 登美彦

商品詳細を見る


美女に会ったら伝えてくれ。俺は嫁を大事にする男だと。妄想と執筆に明け暮れた、多忙にして過酷な日々。森見登美彦氏を支えてくれたのは、竹林であった。美女ではないのが、どうにも遺憾である。虚実いりまぜて、タケノコと一緒に煮込んだ、人気文士の随筆集。(BOOKデータベースより)

初めて読んだのは3年前のこと。
なぜに今、私はこの小説の感想文を書くのか。はい、理由は簡単、最近読み返したからです。
森見登美彦の著書のなかでは「随筆なのか小説なのかよく分からない」とか「ダラダラしてる」とか、結構酷評で語られることの多い本です。でも、私はこの小説がとても好きなのです。
まあ酷評だって「森見氏ほどの筆力があるなら、もっと内容あるものを書けるだろう」という期待から生まれたものなんだと思いますが。

私自身が森見登美彦ファンであり、ファンなら何でも良く見える(恋は盲目と同じ)という可能性だって無きにしも非ずなのですが、この本は面白いと思います。うん、面白い。

私自身の中では、小説を面白いと感じる一つの物差しとなっているのが「どれだけ違う世界に飛ばしてくれるか」です。まあ、そこは多種多様な嗜好があって然るべきです。どれだけ心に訴えるものがあるか、どれだけ知識を習得できるか、どれだけ癒しが得られるか。逆に言えば小説の存在意義って、画一的には表現できないと感じます。そして繰り返しになりますが私の中では「どれだけぶっ飛ばしてくれるか」が面白さの基準。

好きな作家を言えと言われたら、とりあえずカズオ・イシグロと森見登美彦が挙がります。
カズオ・イシグロの小説は、緑が多く穏やかで端正な、少し昔のイギリスへトリップさせてくれます。それは決して異世界ではなくて、あくまでも現実世界のイギリスへ。不思議ですがカズオ・イシグロの小説を読むと景色だけでなく匂いまでが伝わってくる気がします。それがたまらない。読んでいると何もかもを忘れてしまい、まるで幽体離脱したように、体は日本に残して精神だけイギリスに飛ばされちゃった!というような素敵な時間が過ごせます。

対して森見登美彦の場合は、大部分の著書の舞台が京都です。なので、当然ですが、小説を読むと京都へトリップします。けれど、飛ばされた先の京都は、なんだかぐにゃりとしているのです。異世界と現実世界の狭間というか、ファンタジーを強く感じさせる摩訶不思議な世界なのです。だから、飛ばされた感は、カズオ・イシグロより森見登美彦小説のほうが強いです。

長くなりましたが、この「美女と竹林」を読んでいても、なぜか異世界に飛ばされてしまいます。
「竹を刈る」だけの物語なのですが、それだけなのに、うーん。どうして飛ばされる??

最初に述べたとおり「これは小説ではない」と酷評もちらほら聞かれる本ではありますが、そもそも、ただダラダラ書きたいことを適当に連ねたという状態で完成させた作品を、実際にハードカバーの本として出版するでしょうか。
個人的には森見登美彦の意図的な技巧を感じる、随筆のような形を取っているけどかなり遠くまでぶっ飛ばしてくれる、かなりの力を秘めた本なのではないかと感じるのですが…
これってやっぱり「恋は盲目」状態なのかなあー。うーん。
10:25  |  森見登美彦  |  コメント(4)

Comment

異世界竹林

私もこの小説(随筆?)好きです!

展開のダラダラ感と、竹林の風景が妙にマッチしていて読んでいるとのんびりした気分になれますし。
異世界と現実の狭間って表現は森見京都を表すのにぴったりだと思います♪
図書館男子 |  2011.12.18(日) 22:08 | URL |  【編集】

森見的京都

こんにちは

>飛ばされた先の京都は、なんだかぐにゃりとしているのです

これ、わかるなぁ~
行ってみたら普通の都会なのですが、森見さんが書くと異世界ですよね。

最近夫が四畳半にはまり下鴨神社に行きたいと言っていますw
読書系女子 |  2011.12.19(月) 12:04 | URL |  【編集】

Re: 図書館男子さん

読んでいるとのんびりした気分に… 同感です!
仕事で疲れたときに読むと妙に癒されて、頑張るぞ!という気持ちにさせてくれるんです。
この、良い意味で適当にダラダラした、ゆるーい生き方をしている登場人物に触れることで、
ああこんなんでいいんだ(失礼?)と思えるからだったりして??
ジャイ |  2011.12.20(火) 20:14 | URL |  【編集】

Re: 読書系女子さん

森見さんから見る京都って、こんなイメージなんですね。
たまに観光で訪れるだけの自分には、こんな風には感じられないだろうなあ。
良い言い方が思いつきませんが、京都って、もっと優等生な存在だと思っていました。
森見さんの京都は、多面的で、妖艶でファンタスティック。そんな感じです。

> 最近夫が四畳半にはまり下鴨神社に行きたいと言っていますw
下鴨神社♪♪私、数年前の一人旅で訪れたことがあります。
こんなこと言ったら不思議ちゃんだと思われるかもしれませんが、あの森には神様がいると思います。
あそここそ、異世界に通じる入り口じゃないでしょうか。スピリチュアルな雰囲気が漂う場所です。
ジャイ |  2011.12.20(火) 20:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。